私の運営するホームページ

掲示板

Twitter

無料ブログはココログ

« スタンリー・クラーク・バンド・フィーチャリング上原ひろみ | トップページ | Generations/Alex Sipiagin »

2010/06/12

A Sentimental Journey/Tim Warfield

1324
Criss Crossレーベル新譜聴き1日目。ティム・ワーフィールドというとダークでモーダルな感じの演奏ではなかったっけ、と思ったのですが、ここではスタンダード集。しかも、相棒のテレル・スタッフォード、というと、ますますそういう感じが強くなってしまうのですが、ここでは明るめな演奏です。しかもオルガンを使ったクァルテットですから、編成も特殊(ピアノ、ベースがないですし)。でも、意表をついた演奏という点では、成功しているかもしれません。おなじみの曲が多く、それらをどう料理しているか。けっこう面白いキャラクターもあるんだなあ、という感想です。知っている曲が多いので、演奏とダブルで楽しめますね。


A Sentimental Journey/Tim Warfield(Ts, Ss)(Criss 1324)(輸入盤) - Recorded February 4, 2010. Terell Stafford(Tp, Flh), Pat Bianchi(Org), Byron Landham(Ds) - 1. Sentimental Journey 2. I'll Be Seeing You 3. My Man 4. Crazy Rhythm 5. Speak Low 6. In A Sentimental Mood 7. Golden Earrings 8. Here's That Rany Day

(10/06/12)オルガンを含む2ホーンクァルテットで、こわもてのメンバーの、何とスタンダード集。黒っぽい感じですがダークではなく、時にオールド的な明るい感触も。基本的には4ビート。1曲目からメロディと各楽器のアプローチの特異性が表れてきます。ゆったりした8分の6拍子なんだけどフツーではなくてコワそうな雰囲気もチラホラ。明るくメロディアスに展開して、ソロは割と自由になる2曲目、短調で哀愁を感じるテーマから長調のアドリブになる3曲目、アップテンポでノリ良く進んでいく4曲目、スタンダードらしい渋いバラード(ボッサ?)の5曲目、静かなバラードでじっくりとほんの少し盛り上がりつつせまってくる6曲目、ゆっくりとテーマを語りかけてミディアムでアドリブがくる7曲目、優しく奏で上げていくボッサ進行の8曲目。

« スタンリー・クラーク・バンド・フィーチャリング上原ひろみ | トップページ | Generations/Alex Sipiagin »

Criss Cross1301-1350番」カテゴリの記事

Criss Crossレーベル」カテゴリの記事

ジャズ」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36193/48609998

この記事へのトラックバック一覧です: A Sentimental Journey/Tim Warfield:

« スタンリー・クラーク・バンド・フィーチャリング上原ひろみ | トップページ | Generations/Alex Sipiagin »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Amazon検索

HMV検索

  • HMV検索
    検索する
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

メールアドレス

友人が運営しているサイト