私の運営するホームページ

掲示板

Twitter

無料ブログはココログ

« Desert Ship/Satoko Fujii ma-do | トップページ | カット・ザ・ロープ/ファースト・ミーティング »

2010/04/09

Stone Shift/Larry Ochs Sax & Drumming Core

Larrystone
今日も藤井郷子関連のアルバム。彼女は、自己名義や共同名義のアルバムはけっこうな種類を発売しているのですが、今まで客演ってあまりないんですよね。そういう意味ではこのアルバムは珍しいと言えるのではないでしょうか。しかも田村夏樹も参加ということで、聴き方によってはこのアルバム、彼らのいつものサウンドのフリー、ととらえることもできそうです。でも、フリーの中でもけっこうシリアスな方に属すると思うので、やはりこっち方面のサウンドが好きな方向けの、聴く人を選ぶアルバムになりそうです。現在HMVで普通に入手できますが、発売後入荷までかなりかかりました。


Stone Shift/Larry Ochs(Ts, Ss) Sax & Drumming Core(Rogueart)(輸入盤) - Recorded September 13, November 12 and 13, 2007. Satoko Fujii(Synth, P), Natsuki Tamura(Tp), Scott Amendola(Ds), Donald Robinson(Ds) - 1. Across From Over 2. Abstraction Rising 3. Stone Shift (For Kurosawa) 4. Finn Veers For Venus

(10/04/09)全曲Larry Ochsの作曲で、ライヴ録音。ベースレスでドラムスが2人という特徴あり。このメンバーだとやはりフリー色が強いけれども、ビート感がけっこう出ていたり、そのままフリーに突入したり。藤井郷子と田村夏樹もいつもの彼ら。サックスのソロではじまり、シャッフルと8分の6拍子が合わさったビート、それからシンセサイザーのソロが入ったり、リズムや表情を変えて盛り上がりつつ19分間進んでいく1曲目、ピアノで温度感低くはじまって、ホーンやドラムスが加わり自由に飛翔していく2曲目、スペイシーでエキゾチックなフリーと、スリリングなピアノやシンセのアプローチで盛り上がり、最後の方でドラムスのデュオもある3曲目、静かなフリーから徐々に拡大し、アクセントやアクもありつつ典型的なフリーの4曲目。

« Desert Ship/Satoko Fujii ma-do | トップページ | カット・ザ・ロープ/ファースト・ミーティング »

ジャズ」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36193/48038812

この記事へのトラックバック一覧です: Stone Shift/Larry Ochs Sax & Drumming Core:

« Desert Ship/Satoko Fujii ma-do | トップページ | カット・ザ・ロープ/ファースト・ミーティング »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Amazon検索

HMV検索

  • HMV検索
    検索する
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

メールアドレス

友人が運営しているサイト