私の運営するホームページ

掲示板

Twitter

無料ブログはココログ

« Stone Shift/Larry Ochs Sax & Drumming Core | トップページ | シロ/ガトー・リブレ »

2010/04/10

カット・ザ・ロープ/ファースト・ミーティング

Firstcut
藤井郷子関連の4枚目(といっても主役は田村夏樹)。ここからは彼女らのLibraレーベル発売の国内盤です。でも1月に発売されたものを2月上旬に入手、やっと聴けるわけで、ちょっと遅かったかな、とも思います。いろいろなCDを順番を前後して聴いていたので。でもそのかわり、彼女関連のアルバムを6枚(ひょっとすると7枚)連続で聴けることにもなり、フリーを軸足にしつつもいろいろなサウンドを聴ける楽しみもできました。今回のはライナーにも「ノイズのバンド」とある通り、ノイズや非イディオム系のフリーなので、硬派の最右翼といったところでしょうか。でもほんの少し美しいフレーズも混ざっていたり、イディオム系のフレーズもあったりと、あっち方面に行きっぱなし、ということではないので、好きな方には飽きさせないアルバムではないか、と思います。


カット・ザ・ロープ/ファースト・ミーティング(Libra)(国内盤)
Cut The Rope/First Meeting(Libra) - Recorded June 17, 2009. Natsuki Tamura(Tp), Satoko Fujii(P), Tatsuhisa Yamamoto(Ds) - 1. Cut The Rope 2. Headwaters 3. Flashback 4. Kaleidoscopic 5. Sublimation

全曲田村夏樹の作曲ですが、ノイズ系のフリー・ミュージック。テーマと構成の案があって、あとは本番での熟成を待って、というような感じ。非イディオム系の音(ノイズ)が並んでいますが、少しだけメロディが出る場面も。1曲目の出だしから最後まで、して非イディオム系の音のオンパレードで中盤からドカドカと盛り上がっていくので、かなり聴く人を選びます。どうやって音を出すのか、邦楽系のスペイシーなサウンドからノイズ系の音が混ざって中盤で爆発し、しっとりと終わる2曲目、ミディアムのテンポながらパワーのあるフリーの3曲目、24分間、非イディオム系、イディオム系が混ざりつつ静かだったり混沌としたり、ドラマチック(?)に進む4曲目、ノイズとフレーズが混ざりつつ静かな場面から中盤盛り上がる13分台の5曲目。(10年1月23日発売)

« Stone Shift/Larry Ochs Sax & Drumming Core | トップページ | シロ/ガトー・リブレ »

ジャズ」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36193/48044850

この記事へのトラックバック一覧です: カット・ザ・ロープ/ファースト・ミーティング:

« Stone Shift/Larry Ochs Sax & Drumming Core | トップページ | シロ/ガトー・リブレ »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Amazon検索

HMV検索

  • HMV検索
    検索する
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

メールアドレス

友人が運営しているサイト