私の運営するホームページ

掲示板

Twitter

無料ブログはココログ

« Third Round/Manu Katche | トップページ | Song For Anyone/Chris Potter 10 »

2010/04/26

アンダーグラウンド/クリス・ポッター

Chrisunder
クリス・ポッター聴き。彼のミュージシャンの経験としても、このグループの結成はエポックメイキングになったかと思うくらい、変貌を遂げてますね。今まで長くやっていたメンバーではなくて、新しいメンバーを集めたグループで、あまり他のミュージシャンのグループに参加しないウェイン・クランツや、ビシバシと変拍子でもタイトにドラムスを叩きまくるネイト・スミス、左手のベースがかなりやるな、と思わせるクレイグ・テイボーンと、スゴいメンバーを集めています。特に1、3曲目あたり、鳥肌が立ちましたもん。ファンクの位置づけにもなるかとも思いますけど、これはスゴいのひとことです。リアルタイムに聴いておくべきだったな、と思います。


アンダーグラウンド/クリス・ポッター(Ts)(Verve)
Underground/Chris Potter(Ts)(Verve) - Released 2006. Wayne Krantz(G), Craig Taborn(Key), Nate Smith(Ds), Adam Rogers(G on 6, 9) - 1. Next Best Western 2. Morning Bell 3. Nudnik 4. Lotus Blossom 5. Big Top 6. The Wheel 7. Celestial Nomad 8. Underground 9. Yesterday

2、4、9曲目以外はクリス・ポッターの作曲。キーボードの左手でベース音を弾きこなす、縦横無尽のファンクはなかなかスゴい今のバンド。組み合わせの個性的な人選ですが、それがうまくハマっています。シャープなドラミングとワン・アンド・オンリーなギター。最初から飛ばしまくるファンクの1曲目、変拍子っぽいのですが静かな場面からリズムがはっきりしないまま盛り上がりもある2曲目、リズミカルに絡み合ったあとに、自在に変化しながら進む3曲目、ビリー・ストレイホーン作の静かなバラードの4曲目、渋いと思うと割と吹きまくって盛り上がるところもある5、7曲目、変拍子入り緩急自在ファンクの6曲目、オーソドックスなファンクなようで異様に高揚してしまうタイトル曲の8曲目、意外なビートルズ作のしっとりした9曲目。(06年5月10日発売)

« Third Round/Manu Katche | トップページ | Song For Anyone/Chris Potter 10 »

ジャズ」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

こちらからもTBさせていただきます。

本作がリリースされる前は、個人的にはライブ盤の「Lift」が最高傑作だと思っていたのですが、それとはメンバーもやっている音楽も全く違う本作にもかなりの衝撃を受けました。
でもこのバンド(ギターだけはアダム・ロジャースに代わりましたが)もすでに3枚目になるので、そろそろまた違うことをやってほしいなんても思ってます。

>naryさん

TBどうもありがとうございます。

昨年、新作の「ウルトラハング」を聴いてしまったのでやむを得ないですが、このアンダーグラウンドは、リアルタイムで出た順番に聴いてみたかったです。きっと今よりスゴい衝撃を受けたことだろうと思います。最近ベースレスで、不足感を感じさせないグループ、けっこう多いですね。満足しました。

ほとんど、これが初chris potterだったので、この盤でchris potterヤベェとなったのは、幸か不幸か??というくらいインパクトは強かったです。
個人的には"この路線"より過激に進化して欲しいと思っております。

TBさせていただきます。

>oza。さん

TBどうもありがとうございます。

これが初クリ・ポタだとするとラッキーですね。インパクトも強いと思います。しかし、皆さんがこの頃あちこちでクリ・ポタのことを取り上げていたのに、なんで私は当時無関心だったのだろう、と不思議です。最近になって、後からリーダー作追っかけになってしまったですし。

わぁ〜〜い、HPにクリポタのコーナーができたんですねぇ!!
やっほぉ。

って、最近、某コヤギデカイのが、盛んに彼の音源研究しまくってます。変拍子とかで、、驚いてちゃいけないようです。ハイ。

私は単純に聴いていて面白いのです。
この人、音も好きなんです。
だから、結構濃くても、長くても、くどくても(爆)、、私疲れないです。ハイ。好き、って、そんなモンなんでしょうねぇ。。
理屈がとおらないです。

ありがとうございました。

>すずっくさん

TBどうもありがとうございます。

>某コヤギデカイのが、盛んに彼の音源研究しまくってます。

現代ジャズってかなりややこしいことになっているようで、カート・ローゼンウィンケルの楽譜とかでは調性の記号がないらしいですね。これぞメカニカルってな感じで。

遅れてやってきたクリ・ポタファンですが、久しぶりに燃えましたです、ハイ。少なくとも3年前に聴いていれば、とも思いますが、今聴けてヨカッタです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36193/48169404

この記事へのトラックバック一覧です: アンダーグラウンド/クリス・ポッター:

» chris potter UNDERGROUND [JAZZとAUDIOが出会うと。。。]
ということで、chris potterのUnderground(http://www.hmv.co.jp/product/detail.asp?sku=1412469)です。 wayne krantzが聴きたい ↓ 最近ではchris potter盤でやってる。この盤は良いぞ でも、店頭ではなかなか見つからないレーベルだよ ↓ 案の定、店頭では全然見ない ↓ じゃ、chris potterを予習しよう それと、wayne krantzが参加している盤..... [続きを読む]

» Underground/ChrisPotter [MySecretRoom]
十月はデュオが美味しい。って、言いましたが、十月のマイブームはもう一つあるのです。そりゃね、クリポタ、こと、クリスポッターぁぁ。このサックスのこと、考えただけけで痺れち... [続きを読む]

« Third Round/Manu Katche | トップページ | Song For Anyone/Chris Potter 10 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Amazon検索

HMV検索

  • HMV検索
    検索する
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

メールアドレス

友人が運営しているサイト