私の運営するホームページ

掲示板

Twitter

無料ブログはココログ

« Song For Anyone/Chris Potter 10 | トップページ | Koan/Stephan Micus »

2010/04/28

Follow The Red Line: Live At The Village Vanguard/Chris Potter Underground

Chrisfollow
クリス・ポッターのアンダーグラウンド2作目。これはライヴで、やはり75分ほどに6曲と、1曲あたりがけっこう長めなことが分かります。そして曲の組み立てなんですけど、長いソロがあって、次のソロに行くとバッキングが変わるので、Aブロックから、1人終わると次はBブロックにというような構成になっている曲が多いんじゃないかと。その場の状況に応じてリズムやサウンドなど、自在に変われるような仕組みだと推測してます。ベースがいなくても全然不自然ではないのも魅力で、やはり4人の持ち場がしっかりしているからこそのこの編成なんだな、と思います。ジャズかファンクか、という線引きがあるかもしれませんが、やはりこれは現代ジャズに入るんじゃないかと。


Follow The Red Line: Live At The Village Vanguard/Chris Potter(Ts, Bcl) Underground(EmArcy)(輸入盤) - Recorded February 15-17, 2007. Craig Taborn(Key), Adam Rogers(G), Nate Smith(Ds) - 1. Train 2. Arjuna 3. Pop Tune #1 4. Viva Las Vilnius 5. Zea 6. Togo

(10/04/25)6曲目のみエド・ブラックウェル作で、他はクリス・ポッター作。ライヴで演奏時間も長く全6曲。ギターはアダム・ロジャースにバトンタッチ。長い曲が多いので盛り上がりや、物語性も。ゆったりしたりファンクになったりの変拍子攻撃で、テナー・サックスを吹きつつ盛り上がり、ギターも再び徐々に盛り上がる15分台の1曲目、浮遊感がありつつメカニカルなフレーズと繰り返しのキーボードのベース音で進んでいく2曲目、タイトルのようなポップなバラードから、ファンクになる3曲目、メカニカルなフレーズと変拍子でせまる哀愁漂うバッキングと爆発フレーズの4曲目、キーボードで静かにはじまり、バス・クラリネットと淡々としたバラードが展開する5曲目、8分の6拍子でアフリカン的リズムの印象が強いサウンドの6曲目。

« Song For Anyone/Chris Potter 10 | トップページ | Koan/Stephan Micus »

ジャズ」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

なんで、、工藤さま、、トラバしてくれないんだろう。。
って、検索して、わかりました。
このアルバムで、エントリーしてませんでした。(爆)

悔しいから、以前に閣下からトラバもらった記事をトラバしちゃいます。

ところで、、クリスクロスのロジャーズのクリポタ入りって、エントリーされてないのですか?探したんだけど。。

こちらからもTBさせていただきます。

さすがにライブだけあって、ただでさえ凄いUndergroundがますます凄いことになってましたよね。
新加入のアダム・ロジャースも、他では聴いたことがないほどにアグレッシブでした。

>すずっくさん

TBどうもありがとうございます。

新しい記事だといいんですが、昔の記事だと検索かけてもヒットしてくれなくて、コメントできないというケースがよくあります。他でも気がついた方、いらっしゃればTBよろしくお願いします。

>クリスクロスのロジャーズのクリポタ入りって、エントリーされてないのですか?

リーダー作ではこの2作ですね。

Allegory/Adam Rogers(G) Quintet(Criss Cross 1242)
http://jazz.txt-nifty.com/kudojazz/2005/03/allegoryadam_ro.html

Apparitions/Adam Rogers(G)(Criss Cross 1263)
http://jazz.txt-nifty.com/kudojazz/2005/06/apparitionsadam.html

>naryさん

TBありがとうございます。っと、今回はTBが届いてなかったようなので、お暇な時にまたTBお願いできれば幸いです。

ライヴだと75分ほどで6曲と、盛り上がり加減がけっこういいところにあって、聴きごたえがありました。ソロごとにバッキングの演奏も異なるので、やはりかたまりごとに曲が進んでいくのかな、と考えてしまったり。私も次(4作目)があればライヴを期待します。

すみません。
その後三度試しましたが、TBが上手く入らないようですね。
gooブログは一度失敗すると、もうその記事にはどのブラウザを使っても入らない傾向にあるので、今回はURLのみで失礼します。
http://blog.goo.ne.jp/narymusic/e/69e10f1d0f347a17457ca59a3d55030e

ありがとうございます。
あとで、とらばしまあす。

Undergroundバンドのライブ盤ということで、前作以上の期待を持って臨んだのがアダとなったのか、当時、あまり良い印象の文章を書いていません(汗)

このGW中にもう一度聴いてみようと思います。

TBありがとうございます。逆TBさせていただきます。

>oza。さん

TBどうもありがとうございます。

エントリーを書いた時の印象も大事ですので、それはそのままにしておいてもいいかと思います。私は、ライヴならでは、という構成だったので、なかなか面白かったですけど。アダム・ロジャースもなかなかやるなあ、と思った次第です。

工藤さん,こんにちは。まるですずっくさんのクリポタ強化月間みたいですねぇ。

実は私は前作を今イチ評価できなかった上に,ギターがKrantzではないということで,あまり期待しなかったんですが,これは本当によかったですね。

こんな演奏を目の前でやられたら,間違いなく悶絶します。素晴らしいです。

ということで,こちらからもTBさせて頂きます。

>中年音楽狂さん

>まるですずっくさんのクリポタ強化月間みたいですねぇ。

9ヶ月も前に購入したクリス・ポッターのCDを今聴かねば後悔すると思って、頑張って先週の土日にまとめ聴きしました。

やっぱり75分で6曲というライヴ向きの(実際ライヴなんですが)演奏なので、これは盛り上がりました。ひとりひとりのソロも長くとってますし。ベースがいなくても全然問題ないのも素晴らしいです。

こんばんは。
トラバしたままで、すみませんでした。

先日のライブで大変満足してますが、、
でも、ティーボーンも好きなので、このメンバーでも聴いてみたかったです。

今となっては、このアルバムでがまんかしら。。
ありがとうございました。

>Suzuckさん

TBどうもありがとうございます。

実際の来日ライヴもかなり良かったですけど、ベースレス、キーボードありのこの編成での生ライヴも、ぜひ1度聴いてみたいものです。次回はこの編成での来日があるか、Unity Bandの方が早いか分かりませんが、期待したいところです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36193/48178809

この記事へのトラックバック一覧です: Follow The Red Line: Live At The Village Vanguard/Chris Potter Underground:

» MyFavoriteThings・・・。。。♪ [MySecretRoom]
MyFavoriteThings・・・。。。♪       & 土曜の朝のジャズ喫茶ぁ。(お気に入りのピック&ピックたて)週休二日の多い今日この頃。。。皆様におかれましては、いかがお過ごし... [続きを読む]

» Chris Potter Follow The Red Line: Live At The Village Vanguard [JAZZとAUDIOが出会うと。。。]
クリスポッターの新作が2つ同時に発売になりました。 1つはコレで、UNDERGROUNDバンドでのライブです。 もう1つがコッチ(http://www.hmv.co.jp/product/detail/2607799)で、テンテット+ストリングス とかそんな感じの構成のようです。 こう並べられると、前作でブッ飛んだ私としては、コレは買うけど、コッチはちょっと様子見となるのが、自然な状況(嘘、ただの金欠。優先(聴きたい)度を考慮しただけ)なわけでして.. こちらの盤のみを先に入手しており..... [続きを読む]

» Chris Potter Undergroundのライブ作 [中年音楽狂日記:Toshiya's Music Bar]
゛Follow the Red Line: Live at the Village Vanguard Chris Potter Underground (Emarcy) Chris Potterがベー [続きを読む]

» Follow The Red Line / Chris Potter Underground [My Secret Room]
- Live At The Village Vanguard 2007年のリリー [続きを読む]

« Song For Anyone/Chris Potter 10 | トップページ | Koan/Stephan Micus »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Amazon検索

HMV検索

  • HMV検索
    検索する
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

メールアドレス

友人が運営しているサイト