私の運営するホームページ

掲示板

Twitter

無料ブログはココログ

« ザコパネ/藤井郷子オーケストラ東京 | トップページ | Magenta/旧橋壮 »

2010/04/13

Filigrane/エドゥアール・フェルレ

Edouardfili
澤野工房の2月発売盤を1ヶ月半遅れでの紹介です。と言っても、これはアトリエ・サワノではなく、エドゥアール・フェルレのMelisseレーベルのアルバムを澤野工房で販売しているという形。数量が少ないせいか、もう売り切れになっていますね。同レーベルから翌月発売されている別なミュージシャンのアルバムは澤野工房のホームページのみでの販売となっているようです。さすがにそこまで追いかけられませんが。アトリエ・サワノではないので、聴きやすいアルバムというわけではありません。メロディはきれいなのですが、サウンドがけっこうシリアスという感じ。まだどこかで入手できるかな。


Filigrane/エドゥアール・フェルレ(P)(Melisse)(澤野工房)(国内盤)
Filigrane/Edouard Ferlet(P)(Melisse MEL666007) - Recorded July 27-29, 2009. Airelle Besson(Tp, Voice), Alexandra Grimal(Sax, Voice), Fabrice Moreau(Ds, Voice) - 1. La Fable Du Grinoire 2. Il N'y A Plus D'appret 3. Salamandre 4. Valentine's Day 5. Note Line 6. Bords Perdus 7. Interchange 8. Julien 9. Amane 10. Sans Titre Apparent 11. Tamanraset 12. Je Viens D'apprendre

全12曲中9曲(1-7、10-11曲目)エドゥアール・フェルレの作曲ないしは共作。50分で12曲なので、各曲が凝縮されているイメージ。ベースレスですが、時にはピアノの左手を使ったり、それなりに違和感のないサウンド。ジャズというよりはフレンチの音楽に浮遊感が加わったというイメージも強いです。ピアノは研ぎ澄まされていて、ホーンもややマニアックな、というかひねくれたフレーズが出てきていて、4ビートではないし、聴きやすいジャズという感じではないです。メロディはきれいなのだけど、それを取り巻くフレーズがどの楽器もシリアスな印象。曲調やテンポなどがだいたいの曲で似ているので、1枚のアルバムというドラマを観ているような流れになっています。7、10曲目のように活発な曲も。12曲目はヴォーカル曲。(10年2月26日発売)

« ザコパネ/藤井郷子オーケストラ東京 | トップページ | Magenta/旧橋壮 »

ジャズ」カテゴリの記事

澤野工房」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36193/48054121

この記事へのトラックバック一覧です: Filigrane/エドゥアール・フェルレ:

« ザコパネ/藤井郷子オーケストラ東京 | トップページ | Magenta/旧橋壮 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Amazon検索

HMV検索

  • HMV検索
    検索する
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

メールアドレス

友人が運営しているサイト