私の運営するホームページ

掲示板

Twitter

無料ブログはココログ

« Peter-Anthony Togni/Lamentatio Jeremiae Prophetae | トップページ | True Story/Jean-Michel Pilc »

2010/03/22

Origine/Aldo Romano

Aldoorigine
このところ、あとから届いたCDを先に聴いたり、聴く間隔があいたりして、やっと1月下旬に届いたCDを聴いています。このアルバム、アルド・ロマーノのリーダー作なので、何も予備知識がなくて注文したのですが、ハードなジャズのアルバムではなくて、低重心・木管が多めの、作曲やアレンジ重視のホーンが印象的なアルバムでした。彼がドラムスではなくてギターで参加している曲もあって、ラストの曲は何と彼のヴォーカル入り。フレンチポップスという感じではあります。でも、こういう傾向も私、好きなので、楽しんで聴くことができました。出番は少ないですけど、アドリブの場面もあるので、まあ、うまくサウンド的にバランスはとれていると思います。


Origine/Aldo Romano(Ds, G, Vo)(Dreyfus Jazz)(輸入盤) - Recorded June 30, July 1 and 2, 2009. Lionel Belmondo(Ss, Ts, G-fl, Wood Fl), Eric Legnini(P), Thomas Bramerie(B), Stephane Belmondo(Tp, Flh, Shell), Philippe Gauthier(Fl, G-fl), Jerome Voisin(Cl, Bcl), Bernard Burgun(English Horn), Francois Christin(French Horn), Cecile Hardouin(Bassoon), Bastien Stil(Tuba), Geraldine Laurent(As), Xavier Desandre-Navarre(Per) - 1. Silenzio 2. Pasolini 3. Il Camino Part 1 3. Il Camino Part 2 4. Gamelan 5. Touch Of A Woman 7. Elis 8. Celectina 9. Dreams And Waters 10. Starless Night 11. For Michel 12. Il Camino Part 3 13. Jazz Messengers

(10/03/22)全曲アルド・ロマーノの作曲で、13曲目は彼のヴォーカル入り。珍しくドラムスのかわりにギターも弾いている曲も。アレンジはLionel Belmondo。重心の低い変則編成のホーンセクションで、ジャズというよりは映画音楽を聴いているような雰囲気のサウンドが多いです。アドリブよりはアレンジにかなり重きを置いているようで、これはこれで、フランスの叙情的な雰囲気もあって、なかなか印象的。1時間弱で13曲も入っているので、やはりアドリブの部分はあまり多くないです。でも時々入るアドリブはけっこう聴きごたえがあります。特にピアノが印象的かな。1曲目のように短調で叙情的にせまる曲もあれば、2曲目のようにリズミカルに長調で楽しめる曲もあり、曲調は幅広いです。なかなかいいメロディの曲が多いです。

« Peter-Anthony Togni/Lamentatio Jeremiae Prophetae | トップページ | True Story/Jean-Michel Pilc »

ジャズ」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36193/47876564

この記事へのトラックバック一覧です: Origine/Aldo Romano:

« Peter-Anthony Togni/Lamentatio Jeremiae Prophetae | トップページ | True Story/Jean-Michel Pilc »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Amazon検索

HMV検索

  • HMV検索
    検索する
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

メールアドレス

友人が運営しているサイト