私の運営するホームページ

掲示板

Twitter

無料ブログはココログ

« I'll Close My Eyes/ウラジミール・シャフラノフ・トリオ | トップページ | 「超・音楽鑑賞術!/高野 雲著」 »

2010/03/09

My Song/ニコレッタ・セーケ

Nikolettamy
ふだんはジャズ・ヴォーカルってあまり聴いていないんだけれども、澤野工房からこのニコレッタ・セーケが以前出た時に聴いてみて、ハマってしまいました。ハンガリーのヴォーカリスト、という点でも澤野工房らしいや、と思ったのですが、現地で出たファーストアルバムが東欧色が強かったのに比べて、この3枚目はまったく普通に英語圏のジャズ・ヴォーカルとして聴けます。それだけ地方色が薄まったのですけど、技量その他、ヴォーカルの魅力度も含めて、だんだんアップしてきているのではないかと思います。ただ、あまりヴォーカルものは聴いていないので、自分自身の評価軸がちょっとフラフラしています(笑)。


My Song/ニコレッタ・セーケ(Vo)(澤野工房)
My Song/Nikoletta Szoke(Vo)(Atelier Sawano SS095) - Recorded November 8 and 9, 2009. Robert Lakatos(P), Jozsef Horvath Barcza(B), Andras Mohay(Ds) - 1. Your Song 2. The Way We Were 3. On A Clear Day 4. Throw It Away 5. Who Can I Turn To? 6. The Best Is Yet To Come 7. Meditacao (Meditation) 8. Moon And Sand 9. Whatever Lola Wants 10. Highwire (The Aetialist) 11. Sleep, My Love 12. I Believe I Can Fly 13. Everything Happens To Me 14. Two Of Us

最初にエルトン・ジョン、ラストにビートルズの曲があって、スタンダードが中心で、ニコレッタ・セーケとメンバーの作詞作曲の曲も11曲目にあります。落ち着いた部分はしっとりと歌い上げますが、勢いのあるところでは、スキャットなども取り入れて自由奔放に歌い上げていて、元気なところを見せてます。原曲からリハーモナイズさせたりブレイクしているところもあります。短調で静かな感じの曲から、暴れまわると言っていい感じのアップテンポのスキャットまで、白人女性としてはジャズ向きのちょっと鼻にかかったような声で、幅広く表現しているところがなかなかいい。ここでは出身のハンガリーっぽさは、ほとんど出てきません。ロバート・ラカトシュはピアノ歌伴に徹している感じでも、間奏のソロでもけっこういい演奏をしています。(10年2月26日発売)

« I'll Close My Eyes/ウラジミール・シャフラノフ・トリオ | トップページ | 「超・音楽鑑賞術!/高野 雲著」 »

ジャズ」カテゴリの記事

澤野工房」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36193/47763986

この記事へのトラックバック一覧です: My Song/ニコレッタ・セーケ:

« I'll Close My Eyes/ウラジミール・シャフラノフ・トリオ | トップページ | 「超・音楽鑑賞術!/高野 雲著」 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Amazon検索

HMV検索

  • HMV検索
    検索する
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

メールアドレス

友人が運営しているサイト