私の運営するホームページ

掲示板

Twitter

無料ブログはココログ

« Tempest/Tempest | トップページ | ISDNからひかり電話への移行 »

2010/03/06

Live/Gongzilla

Gongzillalive
ゴングジラのアルバムも、今日までに5枚聴きました。CDの到着時期がバラバラだったので、時系列で聴いていたわけではないですけど。何と言ってもこのバンド、アラン・ホールズワース、デヴィッド・トーン、デヴィッド・フュージンスキーと、個性的なギタリストが参加していたのが印象的です。ある意味リーダー格の Bon Lozagaもギタリストだけど、この人、ちょっと影が薄かったな、という気もしないでもありませんが。このグループも今では入手困難なアルバムばかりになってしまいました。運良く今回5枚聴けたので、満足しています。そして2月に注文したAmazonマーケットプレイスの10枚も、今日で全部紹介終わり。通常ルートでは入手できないものが入手できますが、やはりリスクも大きいかもですね。


Live/Gongzilla(Lolo Records)(輸入盤) - Recorded June 27, 1998. Hansford Rowe(B), Bon Lozaga(G), Benoit Moerlen(Vib, Xylo), David Fiuczynski(G), Vic Stevens(Ds, Per) - 1. Mr. Sinister Minister 2. Bad Habits 3. Gongzilla's Dilemma 4. Hip-Hopnosis 5. Image 6. Gongzilla 7. Soli

(10/03/05)Hansford RoweとBon Lozagaが3曲ずつ、Benoit Moerlenが1曲提供。ライヴなので再演曲が多いですけれど、ギタリストがデヴィッド・フュージンスキーに交代して(しかもライヴなので全面的に参加)、過去いずれもアクの強いギタリスト(アラン・ホールズワース、デヴィッド・トーン)だったので、その違いを比べてみるのも面白い。ジャンルとしてはロックなのですが、やはりベースやドラムスのフレーズとかで、ファンク的な要素も強く、こちらサイドからも抵抗なく聴けるのではないかと思います。同じギタリストのLozagaと区別がつきにくいですが、個性の強いフレーズを弾いて、時にフレットレス・ギターもあって、ああ変態フレーズと思えば、フュージンスキーで間違いないと思います。ライヴなのでギンギンに盛り上がります。

« Tempest/Tempest | トップページ | ISDNからひかり電話への移行 »

ロック・ポップス」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36193/47730553

この記事へのトラックバック一覧です: Live/Gongzilla:

« Tempest/Tempest | トップページ | ISDNからひかり電話への移行 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Amazon検索

HMV検索

  • HMV検索
    検索する
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

メールアドレス

友人が運営しているサイト