私の運営するホームページ

掲示板

Twitter

無料ブログはココログ

« 次男用のパソコン設定 | トップページ | Orchestrion/Pat Metheny »

2010/02/13

ジンボガンボ/神保彰

Jimbogumbo_2
神保彰といえば、私が若かったころはカシオペアのメンバーだった時で、そのグループも演奏がハードな割には覚えやすいメロディの曲が多いのが特徴だったでした。記憶ではこういうサウンドで日本からアメリカなどに影響を与えた、とどこかで読んだ記憶があります。このアルバムも彼のメロディ・メイカーぶりが前面に出ていて、しかもやはりハードな演奏の部分がある割には聴きやすいので、何度もきいてしまいました。でもメンバーのテクもスゴいですね。彼の曲は好きなので、徳間で以前出ていた5枚のソロアルバムも再発の時に購入し、最近のソロアルバムも追いかけています。


ジンボガンボ/神保彰(Ds)(Electric Bird)(国内盤)
Jimbo Gumbo/Akira Jimbo(Ds)(Electric Bird) - Recorded October 28-30, 2009. Abraham Laboriel(B, Vo), Otmaro Ruiz(P, Key, Vo), Allen Hinds(G, Vo) - 1. Spark 2. Jimbo Gumbo 3. Osaka Strut 4. Oweleo 5. Tokyo Rain 6. You Are The Hero 7. Mistral 8. Moon In The Mirror 9. Got It!

全曲神保彰の作曲。割とハードコア・フュージョン的な部分と、J-POP的でキャッチーなメロディの曲もあって、そこに彼らの大排気量エンジン的な安定した演奏のある、なめらかな進行の曲が合わさって、彼らしいジンボ・ワールドが展開しています。3曲目など、これぞラテン的というような曲もあって、彼らのその他の曲の演奏にもその血も混ざっています。こういう方面もまさに向いている感じ。テクよりも曲のまとまりがメインにしろ、ハンパではないテクを聴かせてくれる場面も多いです。いつものメンバーが素晴らしいことは言わずもがな、新たにレコーディングに参加したギターのアレン・ハインズもけっこうハイテクで、ロック的ないいギターを聴かせてくれます。4-5、7曲目のように覚えやすいメロディも彼らしくて、なかなか。(10年2月10日発売)

« 次男用のパソコン設定 | トップページ | Orchestrion/Pat Metheny »

フュージョン・ファンク」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36193/47555512

この記事へのトラックバック一覧です: ジンボガンボ/神保彰:

« 次男用のパソコン設定 | トップページ | Orchestrion/Pat Metheny »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Amazon検索

HMV検索

  • HMV検索
    検索する
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

メールアドレス

友人が運営しているサイト