私の運営するホームページ

掲示板

Twitter

無料ブログはココログ

« Un Jour Si Blanc/Francois Couturier | トップページ | BeBop At The Savoy/矢野沙織 »

2010/02/07

Pastorale/Stefano Battaglia/Michele Rabbia

2120
ECMレーベル2日目でとりあえずひと区切り。今日もピアニストのアルバムですが、パーカッション(エレクトロニクス)とのデュオで、こちらの方はメロディ的な部分もあるにしても、曲によってはいかにも空間的なフリー・インプロヴィゼーション、しかもピアノを使いながらも非イディオム系フリーのものもあり、昨日のアルバムとは対極にあるような感じです。前半はエレクトロニクス、後半はパーカッションの曲が多いです。聴く人を選ぶと思うのですが、こういう方面も慣れるとなかなか病みつきになります。どちらも最近のECM作品では何枚かアルバムを出していて、たぶんあちらではある程度有名なんじゃないかな。


Pastorale/Stefano Battaglia(P, Prepared P)/Michele Rabbia(Per, Electronics)(ECM 2120)(輸入盤) - Recorded March 2009. - 1. Antifona Libera (A Enzo Bianchi) 2. Metaphysical Contlations 3. Monasterium 4. Oracle 5. Kursk Requiem 6. Cantar Del Alma 7. Spirits Of Myths 8. Pastorale 9. Sundance In Balkh 10. Tanztheater (In Memory Of Pina Bausch) 11. Vessel Of Magic

(10/02/06)Stefano Battagliaの作曲ないしは2人の共作(タイトル曲の8曲目はインスパイア曲)。フリー・インプロヴィゼーションとメロディ的曲との混合。エレクトロニクスとパーカッションが効果的に使われています。これらの相性は割といい。1曲目の静かな感じと哀愁、メロディ的に補助をする空間的なエレクトロニクスのメロディと、導入部としてのつかみはバッチリ。ただ、2曲目以降、いかにも空間的フリーというような曲もあります。9曲目など、エスニックな面も曲によっては出ています。メロディよりは音がせまる部分は、本来メロディ楽器であるピアノを非イディオム的に使う部分があって、その分とっつきにくさもあるかも。4曲目のような、少し激しさをともなうメロディの曲もありますが、それでもECM的か。不思議なバランス。

« Un Jour Si Blanc/Francois Couturier | トップページ | BeBop At The Savoy/矢野沙織 »

ECM2102-2150番」カテゴリの記事

ECMレーベル」カテゴリの記事

ジャズ」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36193/47498663

この記事へのトラックバック一覧です: Pastorale/Stefano Battaglia/Michele Rabbia:

« Un Jour Si Blanc/Francois Couturier | トップページ | BeBop At The Savoy/矢野沙織 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Amazon検索

HMV検索

  • HMV検索
    検索する
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

メールアドレス

友人が運営しているサイト