私の運営するホームページ

掲示板

Twitter

無料ブログはココログ

« The Sweetest Love/パオロ・ディ・サバティーノ・トリオ | トップページ | ブログ再開/「Swing Journal」を買うのをやめた »

2010/01/11

ボテロ/ボブ・ジェームス&ジャック・リー

Bobjackbotero
ジャズやフュージョンの世界で、いちばん自分が長く追いかけているのは、やっぱりボブ・ジェームスでしょう。確か’75年頃からで、自分が中学生の時でした。フュージョンやスムース・ジャズだけの人ではなくて、デビューの頃からしばらくは4ビートだったり実験音楽をやっていたりしたので、その懐は深いです。今回もしっとり感もあるけれど、やっぱりボブ・ジェームスの世界が広がっています。ジャック・リーはアコースティックの曲が気に入りました。エレクトリック・ギターを使うと何だかパット・メセニーに似てしまうのが気になるのですが、まあ、それは置いておいて、アルバムとしては個人的に満足度の高いスムース・ジャズになっていると思います。4ビートの曲も2曲あって、ネイザン・イーストがアコースティックも弾けるんだと、はじめて知りました。


ボテロ/ボブ・ジェームス(P、Key)&ジャック・リー(G)(Videoarts)
Botero/Jack Lee(G), Bob James(P, Key)(Videoarts) - Recorded April - September 2009. Nathan East(B, Vo), Lewis Pragasam(Ds), Melvin Davis(B, Additional Key) - 1. Sphere 2. Oblivion 3. Botero 4. Lovers In Moonlight 5. April 6. The Wind Comes 7. Love Me As Though There Were No Tomorrow 8. Luiza 9. Dream With You

ジャック・リー作が3曲(3、5、9曲目)、ボブ・ジェームス作が2曲(1、4曲目)と英語表記ではジャックの方が先にきているので、実質ジャックが中心になっている模様。最近ボブの好きな西洋と東洋(韓国、マレーシア)の融合的作品ですが、サウンドはほぼ西洋的。いつものボブ・ジェームス節のスムース・ジャズかと思うと、その雰囲気を持ちつつ1、7曲目はアコースティック・ベースを使った4ビートの曲。しっとり系のいい感じのサウンド。ピアソラ作の2曲目、ジョビン作の7曲目があっても、やっぱり彼らのサウンドで演奏しているところが面白いです。ベースもギターもアコースティックとエレクトリックがあって、非常に聴きやすくメロディアスに仕上がっています。やっぱり曲はボブ党かな。言わばこれもスムース・ジャズの一方向かも。(09年12月23日発売)

« The Sweetest Love/パオロ・ディ・サバティーノ・トリオ | トップページ | ブログ再開/「Swing Journal」を買うのをやめた »

フュージョン・ファンク」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36193/47255150

この記事へのトラックバック一覧です: ボテロ/ボブ・ジェームス&ジャック・リー:

« The Sweetest Love/パオロ・ディ・サバティーノ・トリオ | トップページ | ブログ再開/「Swing Journal」を買うのをやめた »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Amazon検索

HMV検索

  • HMV検索
    検索する
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

メールアドレス

友人が運営しているサイト