私の運営するホームページ

掲示板

Twitter

無料ブログはココログ

« ブログ再開/「Swing Journal」を買うのをやめた | トップページ | 透光の樹 オリジナルサウンドトラック/日野皓正 »

2010/01/23

Alone/Marc Copland

Marcalone
なかなか発売日を過ぎても入荷せず、やむを得ず入手先を変えて、昨年末ギリギリの31日に到着したアルバムです。このアルバムはマーク・コープランドのソロ・ピアノ集。彼のピアノは薄暮がかかったようなある種独特なピアノで、似たタイプのピアニストを思い浮かばないほどに個性的です。彼を追いかけてだいぶ経つけれども、ある意味パターンが決まっているかもですが、それでも追いかけずにはいられないピアニストです。まだの人はぜひ体験されてみてはいかがでしょう。ある程度頭で聴く部分はあるにしろ、叙情的な部分の方がもっと大きく、聴いていて疲れはしませんし。


Alone/Marc Copland(P)(Pirouet)(輸入盤) - Recorded November 21, 2008 and June 4, 2009. - 1. Soul Eyes 2. I Don't Know Where I Stand 3. Night Whispers 4. Into The Silence 5. Rainy Night House 6. I Should Care 7. Fall 8. Blackboard 9. Michael From Mountain 10. Hi Li Hi Lo

(10/01/18) マーク・コープランドのソロ・ピアノ集で、彼の作曲は10曲中3曲(3-4、8曲目)。他にジョニ・ミッチェルの曲が3曲(2、5、9曲目)ありますが、彼の水彩画のような淡いイメージのハーモニーとメロディが満載で、69分をじっくりと彼の世界にひたることができます。1曲目の「ソウル・アイズ」(マル・ウォルドロン作)からして、もう彼のイメージ。他にスタンダードやウェイン・ショーターの曲(9曲目)もあり、彼の基調ながらも少しずつそのサウンドを変えていきます。6曲目は原曲のイメージがなくなるほどの演奏。時にほんのりと、時にややシリアスに。でも多少賑やかになったとしても温度感自体は低いことが多く、全般的に穏やかなのが彼のピアノ。ほの暗いかも。そういう点では、彼ならではの個性にあふれています。

« ブログ再開/「Swing Journal」を買うのをやめた | トップページ | 透光の樹 オリジナルサウンドトラック/日野皓正 »

ジャズ」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

工藤さん,こんにちは。このアルバム,いつまで経っても入荷しないのでしびれが切れそうです。なんでこういうことになるのやら...。

ようやく2月の半ばにはデリバリーされるらしいですが,早く聴きたくてうずうずしている私です。特にJoni Mitchellをやっているということではなおさらです。"Some Love Songs"でも"Rainy Night House"はやっていましたが,あれもよかったですからね。

>中年音楽狂さん

このCD、HMVではなかなか入荷せず、昨年暮れにAmazonを毎日チェックしていたんですよ。そうしたらある日、Amazonに「1枚在庫あり」とあったので、急いで注文してしまいました。大みそかに届きました。

ジョニ・ミッチェルは私はアルバムを何枚か持っている程度なので、原曲との比較はしてませんけど、やっぱりどこを切ってもマーク・コープランド節になってしまいますね。原曲を聴いていればさらに面白いかもしれません。

工藤さん,こんばんは。TBありがとうございました。

ようやく私のところにもデリバリーされて,聞いてみたらやっぱりCoplandでした(当たり前ですね)。

やはり私とこの人は相性がいいです。特にソロとトリオ。Joni Mitchellの曲はややポップな感じでしたが,あれはあれでいいですね。

ということで,こちらからもTBさせて頂きます。

>中年音楽狂さん

TBどうもありがとうございます。

ホーン入りやギター入りのアルバムって、だいぶ前になくなったような記憶でしたが、調べてみると、割と最近でもちょっとずつ出てますねえ。

以前のコープランドならいざ知らず、最近の耽美的、内省的な傾向が強くなってくると、私もトリオ以下の編成の方が好きです。これからは、そういうアルバムが多く出てくる気がしてます。

寒いうちに何とかしないと、って、続けてブログにあげました。(爆)
私的には、ソロの方がリピート回数多いです。
ジョニミッチェルの曲が3曲もあったのはちょっと驚きましたが、
よく考えると、、彼って、誰の曲だろうと彼の化身になってしまうんで。。多少の明るさはあるものの違和感とか、、ないですよね。

って、これもトラバしました。。

>すずっくさん

TBどうもありがとうございます。って先に書いておきます(笑)。連投すると2投目が入っていないことが多いので、すいませんが再度トライしていただけると助かります。

彼、ジョニ・ミッチェルの曲が好きなようですね。でも、私は彼女のアルバム、4枚ほどしか持っていないので、原曲との聴き比べが難しいのがちょっとクヤしいかもです。聴き流していると、ちょっと陽気でも、気がつきにくいかもしれませんね。

もう一度、、とらいしてみました。。
これは、、どーーかな。

>すずっくさん

今度はちゃんと入ってました。
どうもありがとうです。

工藤さん、こんにちは。

おっしゃる通り、コープランドは「似たプレイヤーを挙げろ」と言われてもむずかしいですね。彼のソロ作品はどれもすばらしいですが、本作はどちらかといえば彼独特の一面である「妖しさ」より、割にひねらない「美しさ」を前面に押し出した作品のように感じました。過去作とけっこう曲がダブっていますがそんなこともまったく気にならず、うっとり聴き入ってしまいました。トラバ、お送りしました。よろしくお願い致します。

>松岡美樹さん

TBどうもありがとうございます。

ソロのアルバムは、やはりマーク・コープランドを楽しむにはいいかもしれませんね。割とこのアルバム、何回もかけていたような記憶があります。こういうピアニスト、いそうでなかなかいないので、追っかけは当分続きそうです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36193/47332305

この記事へのトラックバック一覧です: Alone/Marc Copland:

» やっと到着:Marc Coplandのソロ作 [中年音楽狂日記:Toshiya's Music Bar]
Alone Marc Copland(Pirouet) 発売されてから随分になるのに,入荷を延々と待たされたMarc Coplandのソロによる新作がようやく到着である。近年のジャズ界において,この手 [続きを読む]

» Alone/MarcCopland [MySecretRoom]
今日も寒い。朝のはやい時間には少し霙が混じったりして、まさにコープランド日和…。茶色の芝生の脇にはビオラが咲いて春をまっているのだけど、どんより曇った灰色の空は憂鬱な気分を引き起こす。ソロアルバムで、タイトルが「Alone」。人生の長い道のりは独りで歩くも...... [続きを読む]

» Mark Copland / Alone [ジャズに焦がれて気もそぞろ]
Mark Copland (p) Rec. November 21, 2008, at Pirouet Studio, Munich Engineer: Jason Seizer (Pirouet Records PIT3044) 余韻を生かした漂うようなソロピアノ集  ひねりをきかせた同じコ... [続きを読む]

« ブログ再開/「Swing Journal」を買うのをやめた | トップページ | 透光の樹 オリジナルサウンドトラック/日野皓正 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Amazon検索

HMV検索

  • HMV検索
    検索する
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

メールアドレス

友人が運営しているサイト