私の運営するホームページ

掲示板

Twitter

無料ブログはココログ

« Wolken/Henning Schmiedt | トップページ | メリー・クリスマス »

2009/12/20

筆まめ Ver.20 を使用した

Img053
前にも書きましたけど、3年前までは年賀状や暑中見舞いの作成用にマイクロソフトの「はがきスタジオ」を購入していたのですが、発売中止になり、昨年に「筆まめ Ver.19」を買って、今年は Ver.20 です。このソフトのヴァージョンもWindows7に対応しています。

やはりソフトメーカーを乗換えするのは勇気がいるし、最初はチンプンカンプンだったですけど、このテのソフトは、いかに乗り換えさせるかにも重点を置いていて、住所のインポートはけっこう楽だったです。「はがきスタジオ」は、住所録が単一だったり、制作した文面も10までしか置けなかった(記憶違いならすいません)のですが、筆まめは、住所録を家族ごとに(あと事務所名で)作ることができて、事務所名と家族名とで2種類送る送付先もあるので、だいぶ便利になりました。文面も10という制限がなく、どんどん放りこめるようです。

自営業をやっている関係上、今まで家族の分を含め最大で500枚(独立した年でした)、最近は枚数を減らしてきてはいるけど300枚を超える枚数をインクジェットプリンターで印刷するので、宛名の住所管理と出した履歴の管理が簡単にできるもの、しかも効率的に文面の作成、印刷ができるもの、ということで、このソフト、十分に合格点をあげられます。今日もお昼前からはじめて、だいたいの印刷を終えたところです。

年賀はがきの制作ソフトは、値段が安いのもいいですね。昔は「プリントごっこ」の時代から、ワープロで宛名印刷をしたり、いろいろやってきました。XPより前のパソコンのときは大量に印刷をかけると画面が青くなって固まったりして、少しずつ印刷していた時代も。以前のインクジェットプリンターのときは紙送りがダメになって1枚1枚ズレないように手で補助をしたこともありました。今はそういう心配もなく、ガンガン使えるのがいいですね。来年あたりはそろそろプリンターの買い換えかな、とも思います。

« Wolken/Henning Schmiedt | トップページ | メリー・クリスマス »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36193/47072813

この記事へのトラックバック一覧です: 筆まめ Ver.20 を使用した:

« Wolken/Henning Schmiedt | トップページ | メリー・クリスマス »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Amazon検索

HMV検索

  • HMV検索
    検索する
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

メールアドレス

友人が運営しているサイト