私の運営するホームページ

掲示板

Twitter

無料ブログはココログ

« Insight/Gary Peacock/Marc Copland | トップページ | 八木ブラザースのライヴに行ってきました »

2009/11/21

Soul Jazz/ジョルジュ・アルヴァニタス・クインテット

Georgesoul
澤野工房10月発売のアルバムは旧譜の発売です。入手困難で幻級のアルバムだったとか。幻の名盤といわれるものは、たいていのものは聴いてしまうとなあんだ、となることが多いのですが、このアルバムに関しては納得する面も多いです。’60年のフランスの録音なのに、アメリカのイースト・コーストのハードバップをこれほど表現できているアルバムも珍しいのでは。選曲も硬派ですしね。最近は新譜ばかり追いかけてしまって、なかなかこの時代のアルバムを聴くことがないのですが、やっぱり元々持っているジャズの強さというものは、この時代のジャズにはかなわないことも多いです。


Soul Jazz/ジョルジュ・アルヴァニタス(P)・クインテット(澤野工房)
Soul Jazz/Georges Arvanitas(P) Quintet(Atelier Sawano AS091) - Recorded Novermber 1960. Francois Jeanneau(Ts), Bernard Vitet(Bugle), Michel Gaudry(B), Daniel Humair(Ds) - 1. This Here 2. Bemsha Swing 3. Oblivion 4. Sonny Moon For Two 5. Mister X 6. Poco Loco 7. Bohemia After Dark 8. Monk's Mood 9. Bouchin' With Bud

ボビー・ティモンズ、セロニアス・モンク、バド・パウエル、ソニー・ロリンズ、マックス・ローチ、オスカー・ペティフォード作のジャズメン・オリジナル集。曲もなるほどと思う選曲でけっこう硬派ですが、演奏も男性的でやはり硬派なハードバップです。それを2管フロントのクインテット編成での演奏をしています。Bugleとは形を見るとフリューゲル・ホルンないしはコルネットのような感じで、音もちょっとくぐもっています。この年代にフランス録音でここまでやっていることも貴重だし、入手困難が続いて幻の名盤になっていることも納得。ヨーロッパ・ジャズではなくて、モロにアメリカのイースト・コースト・ジャズが展開されているのが面白い。演奏については文句なしだし、このアルバム全体の勢いはなかなか。いいハードバップを聴きました。(09年10月23日発売)

« Insight/Gary Peacock/Marc Copland | トップページ | 八木ブラザースのライヴに行ってきました »

ジャズ」カテゴリの記事

澤野工房」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36193/46819330

この記事へのトラックバック一覧です: Soul Jazz/ジョルジュ・アルヴァニタス・クインテット:

« Insight/Gary Peacock/Marc Copland | トップページ | 八木ブラザースのライヴに行ってきました »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Amazon検索

HMV検索

  • HMV検索
    検索する
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

メールアドレス

友人が運営しているサイト