私の運営するホームページ

掲示板

Twitter

無料ブログはココログ

« 八木ブラザースのライヴに行ってきました | トップページ | ジ・エネミーズ・オブ・エナジー/カート・ローゼンウィンケル »

2009/11/23

Reflections/Kurt Rosenwinkel Standards Trio

Kurtrefle
カート・ローゼンウィンケルの旧譜3枚を聴かなければ、と思いつつかなり日数が経ってしまい、そうこうしているうちに新譜が出てしまいました。今回はギター・トリオで、スタンダードやジャズメン・オリジナル中心のバラード集。まあ、バラード集というのは通販のサイトで見たフレーズなのですが、おおむねその通りでした。ただ硬派な曲も演奏しているので、全編甘い、というわけではありません。曲がゆったりしていて安心して聴けますが、ギターのアドリブはけっこうスゴいことをやっている場面もあり、やはりこの人のギターはスゴいな、というのを改めて実感してしまいました。アップテンポの曲がないし、トリッキーな部分もほとんどないので、真剣に聴くことも、聴き流すこともできるサウンドだと思います。


Reflections/Kurt Rosenwinkel(G) Standards Trio(Word Of Mouth Music)(輸入盤) - Released 2009. Eric Revis(B), Eric Harland(Ds) - 1. Reflections 2. You Go To My Head 3. Fall 4. East Coast Love Affair 5. Ask Me Now 6. Ana Maria 7. More Than You Know 8. You've Changed

(09/11/23) スタンダードやジャズメン・オリジナル集で、しかもバラード集。カート・ローゼンウィンケル作は再演の4曲目のみ。ただ、セロニアス・モンク作が2曲(1、5曲目)、ウェイン・ショーター作が2曲(3、6曲目)とやや硬派な選曲にもなっています。いつもは時代の先を行くようなフレーズが目立つのですが、ここでは割とオーソドックス(それでも意表をつくような場面もあります)な温かみのある、安定したサウンドです。ギター・トリオだけれどもこれで十分な音数とメロディ、アドリブで、技術の確かさもあります。単純にバラードだけではなくて1、4曲目の後半のように4ビートになって速いパッセージが時にあって、魅力的な演奏を聴かせてくれます。6曲目はミディアムのボッサ。ゆったりした曲が多めながらピリッとしてるのがいい。

« 八木ブラザースのライヴに行ってきました | トップページ | ジ・エネミーズ・オブ・エナジー/カート・ローゼンウィンケル »

ジャズ」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

工藤さん,こんにちは。TBありがとうございました。

このアルバム,演奏は非常に魅力的ですよね。ただ,企画としてどうなのかなぁって気もします。しかし,この3人でライブもやっているみたいですから,その時はもっと激しく弾いているのではないかと想像しています。そっちも聞いてみたいですね。

ということで,こちらからもTBさせて頂きます。

>中年音楽狂さん

TBどうもありがとうございます。

カートの場合、やっぱりバリバリいくような今の演奏を期待してしまうのですが、こういうバラード中心もいいなあ、と思う演奏でした。ライヴもこのメンバーでやっているなら聴いてみたいですねえ。

このアルバム、自分自身の中ではダントツというわけではないですけど、聴きやすさという点では、これから何度もかけてしまうアルバムだと思います。

こちらからもTBさせていただきます。

テンポがゆったり目の曲ばかりでしたが、演奏自体はそれなりに起伏があって良かったです。
また16ビート系の曲が何曲かあるのがいいアクセントになってましたね。
楽曲はモンクとショーターの曲を2曲づつやっていたのがとても嬉しかったです。
でもこのメンバーですので、やっぱりガンガンやっているアグレッシブでスリリングな演奏を聴きたいものです。

>naryさん

TBどうもありがとうございます。

このアルバムの演奏自体は私は気に入っているものの、このトリオでガンガンいったらかなりスゴい演奏になるのでは、ということも想像できて、次回作あたりでやってくれないかな、なんてことをやはり思っています。

これをきっかけに彼の過去の未聴の3枚(’99-03年のアルバム)を続けて聴くことになりそうです。

今日は、トラバ届いたかしら。
リリースの組み合わせだかで、遅くなって届きました。

実は、バーンスタンのギタートリオにもの凄く期待してたのに、なんだか、、ちょっと今の私の求めてるものと違う気がしちゃったので、、
これも、心配が無かったわけではないのですが。。

めちゃ、好み。ドつぼ中のドつぼ。
専門的なことはわかりませんが、すげぇのはよくわかります。

>すずっくさん

TBどうもありがとうございます。

スタンダードをさりげなくやるかに見えて、実はスゴい(私も理論的にどこがどうだか、というのは分かりませんが)アルバムでした。こういう時のギタートリオって、何を弾いていても、空間が寂しくないどころか、充実しているんですよね。聴きやすいこともあって、何度もかけました。

最初はなんだか物足りない感じも受けましたが、徐々にジワジワと引きずり込まれていく魔力みたいなものを・・・と言うと言い過ぎですが(汗)、個人的にはかなり好きなアルバムです。

この(standard trio)シリーズの充実を期待しちゃってます。

TBありがとうございます。逆TBさせていただきます。

>oza。さん

TBどうもありがとうございます。

このアルバム、最初の意見はいろいろですねえ。でもやはりカートの演奏なので聴いていくといいという方も多いようですね。バラードアルバムといいながら、ギタートリオでなんだかスゴいことをやっている、でも聴きやすい、というのがいいですね。

910さん、今晩わ。

なんどもTBトライしていただいたのに受け取れなくてすみませんでした。

なんだかスズックさんや中年音楽狂さんちとも相性悪くて、ホント困ってます。

とりあえず、拙ブログの記事の下のほうにリンクを張っておきます。

お子さんの受験、大変ですが頑張ってください。我が家はまだ先ですが、今からいろいろ情報は仕入れています。家族みんなで乗り切ることが大切ですものね。ブログより絶対大切だと思いますよ。

では、また。

>Crissさん

コメントどうもありがとうございます。こちらからは今までTBできていたので、今回はたまたまだったのでしょう。また時間があればTBさせていただきます。

子供の受験は2人目なので、だいたい要領は分かっているつもりですけど、勢いで受けた1人目の後で、コワさもある程度分かってきてしまったです。あとはホームページ作成ソフトもメーカーを変更して悪戦苦闘中ですので、ちょっとそちらにも時間を取られそうです。こちらの悪戦苦闘の方も記事になるので、しばらく続くかもしれません(笑)。

910さん、こんにちは。
久々に聴くカートでしたがスタンダードといってもやはり一筋縄じゃいかないという印象です。
この人のギターは麻薬のように浸りきりたくなるよな感じがありますね。むしろバラード系のほうがそれが強いかも。TBします~。

>madameさん

TBどうもありがとうございます。

いいですねえ、このギタートリオ。ややこしい演奏をやっているんだけれども聴き流そうと思えばできてしまう、すんなりとも聴こえる演奏、ということで重宝しています。次はこのメンバーのライブも聴いてみたい気がしています。

工藤さん。こんばんは。

トラバありがとうございました。
私もトラバさせていただきます。

さすがにこれは皆さん聴かれていますね。
カートの尖がった演奏が好きなのですが、こういう落ち着いた演奏でのカートの良さに気付かされました。
やっぱりカートは凄いギタリストですよね。

>いっきさん

TBありがとうございます。

ギタートリオのバラードアルバムで、買う前の印象はちょっと地味だったんですが、コメントやトラックバック数が多いのは、やっぱりカートのファンが多いからなんでしょうね。

多少、好みに温度差があるにしても、これだけ皆さんに聴かれているアルバムも珍しいと思います。ちなみに私はけっこうこのアルバム、好きです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36193/46836636

この記事へのトラックバック一覧です: Reflections/Kurt Rosenwinkel Standards Trio:

» Jim Hall的と言ってもよいRosenwinkelのバラッド集 [中年音楽狂日記:Toshiya's Music Bar]
Reflections Kurt Rosenwinkel Standards Trio (Word of Mouth Music) Kurt Rosenwinkelがスタンダードを弾くと言えば,Fre [続きを読む]

» Reflections/KurtRosenwinkelStandardsTrio [MySecretRoom]
灯りがともる逆さ摩天楼。揺らめく光が幻想、、写る光が現実。。カートローゼンウィンケルの新譜は夜の星の瞬きのように僅かに揺れながらゆったり流れる行くバラード集でした。前作の「Remedy」は、ライブ盤ということもあって、クールなカートも熱くエキサイティングな場...... [続きを読む]

» Kurt Rosenwinkel Reflections [JAZZとAUDIOが出会うと。。。]
現在のギタリストで注目筋筆頭と言っても過言ではないKurt Rosenwinkelの新作がリリースされました。 発売日がブレたり、国内盤と日本盤で収録曲?曲順が違う?ような怪情報が飛び交ったりしましたが、結局は、同じ曲順、曲数と言うことで落ち着いているようです。 メンツは、以下の通りの3人となります。 Kurt Rosenwinkel(G)、Eric Revis(B)、Eric Harland(Ds) 演奏曲は、オリジナル(とは言っても新曲ではない)が1曲で、他はいろいろな人の演..... [続きを読む]

» KURT ROSENWINKEL / STANDARDS TRIO [JAZZ & BOSSA]
カート・ローゼンウィンケルのギターを初めて聴いたのは、もう4、5年前。 マーク・ターナーとともにそれまでにない、独特の浮遊感漂う、ちょっとみどころのない サウンドは驚きでした。 今までのどのジャズとも違う新しいサウンド。 これは地元のジャズバーで聞かせてもらい、いいと思って購入。 以前聞いた、独特の持ち味はそのまま、でもだからといって、あまりに新しすぎて ずーっと前方を行って聞き手、置き去り。じゃなくて、適度な聴きやすさもあり 私にとって、これなら、ついていける..... [続きを読む]

» 新年明けましておめでとうございます。 [「いっき」のJAZZあれこれ日記]
新年明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願い申し上げます。 一通り年 [続きを読む]

« 八木ブラザースのライヴに行ってきました | トップページ | ジ・エネミーズ・オブ・エナジー/カート・ローゼンウィンケル »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Amazon検索

HMV検索

  • HMV検索
    検索する
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

メールアドレス

友人が運営しているサイト