私の運営するホームページ

掲示板

Twitter

無料ブログはココログ

« Colours/Ebarhard Weber | トップページ | ハートコア/カート・ローゼンウィンケル »

2009/11/29

ザ・ネクスト・ステップ/カート・ローゼンウィンケル

Kurtthenext
カート・ローゼンウィンケルの未聴国内盤3枚のうち、2枚目。これももう8年も前の発売です。前作に比べ、ピアノ(キーボード)のスコット・キンゼイが抜けて、ピアノレスになっているので、自由度が増しています。浮遊感や独自のサックスとのユニゾン系の曲など、独特な面は多いのですが、イケイケドンドンではなくて内省的な面もあるため、派手さからいくと今ひとつかも。でも、やっていることはスゴいので、やはり賛否両論出てくるかなあ、なんてことを思っています。大手ヴァーヴから出している割には、マニアックであまり売れそうもないことをやっているような気も。でも、そういうマイペースなところがいいんですよね。


ザ・ネクスト・ステップ/カート・ローゼンウィンケル(G、P on 7)(Verve)
Kurt Rosenwinkel(G, P on 7)(Verve) - Recorded May 12-14, 2000. Mark Turner(Ts), Ben Street(B), Jeff Ballard(Ds) - 1. Zhivago 2. Minor Blues 3. A Shifting Design 4. Path Of The Heart 5. Filters 6. Use Of Light 7. The Next Step 8. A Life Unfolds 9. Games In The Rain (Bonus Track)

全曲カート・ローゼンウィンケルの作曲。浮遊感もありつつ、時には斬り込む現代ジャズを演奏しています。影響を周りから受けつつ独自なギターが印象的ですが、演奏はなかなかなんだけど、派手な方ではないかも。8分の6拍子と4分の4拍子の重なりが強調されている部分が多い1曲目、変則リズムで演奏されるブルースの2曲目、静かな場面からどんどん盛り上がっていくクールな4ビートの3曲目、しっとりと語りかけてくるようなバラードの4曲目、テーマのウネウネとしたメカニカルなフレーズが印象に残る5曲目、繊細な雰囲気のある寒色系のバラードの6曲目、ピアノの腕もなかなかだな、と思わせるモーダルかつ自由な7曲目、やや盛り上がりのあるドラマチックなバラードの8曲目、ボーナストラックのマイナーラテンの9曲目。(01年1月25日発売)

« Colours/Ebarhard Weber | トップページ | ハートコア/カート・ローゼンウィンケル »

ジャズ」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36193/46887116

この記事へのトラックバック一覧です: ザ・ネクスト・ステップ/カート・ローゼンウィンケル:

« Colours/Ebarhard Weber | トップページ | ハートコア/カート・ローゼンウィンケル »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Amazon検索

HMV検索

  • HMV検索
    検索する
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

メールアドレス

友人が運営しているサイト