私の運営するホームページ

掲示板

Twitter

無料ブログはココログ

« Dresden/Jan Garbarek Group | トップページ | Stone In The Water/Stefano Bollani Trio »

2009/09/07

Niccolo Paganini/24 Capricci/Thomas Zehetmair

2124
今回も、ECM New Seriesとしては看板のミュージシャンが登場しています。イタリアのパガニーニの曲を題材にしていますが、最近このレーベルで目立ってきたクラシックの王道路線ですね。特にパガニーニのアルバムの方はヴァイオリンのソロなんですが、音数がやたら多く、さすが超絶技巧の曲と感心してしまいました。


Niccolo Paganini/24 Capricci/Thomas Zehetmair(Vln)(ECM New Series 2124)(輸入盤) - Recorded December 2007. - 1-24. 24 Capricci Per Violino9 Solo Op.1

(09/09/06)Niccolo Paganiniは19世紀イタリアのヴァイオリニスト、作曲家。超絶技巧のヴァイオリニストとして知られ、この曲もヴァイオリンのソロなのに、まるで複数のヴァイオリンが鳴っているかのような、数多くの音符で彩られています。これを再現することさえ非常に難しいことと思われるのに、それを音楽的に高めて演奏しているThomas Zehetmairの技術、音楽性もたいしたものです。しかし、どうやって音を出しているのか、不思議。

« Dresden/Jan Garbarek Group | トップページ | Stone In The Water/Stefano Bollani Trio »

ECM2102-2150番」カテゴリの記事

ECMレーベル」カテゴリの記事

クラシック・現代音楽」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36193/60509722

この記事へのトラックバック一覧です: Niccolo Paganini/24 Capricci/Thomas Zehetmair:

« Dresden/Jan Garbarek Group | トップページ | Stone In The Water/Stefano Bollani Trio »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Amazon検索

HMV検索

  • HMV検索
    検索する
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

メールアドレス

友人が運営しているサイト