私の運営するホームページ

掲示板

Twitter

無料ブログはココログ

« You Know That Feeling/Brian Bromberg | トップページ | ブログの夏休み(不定期更新) »

2009/08/09

Winners!&Live DVD/安達久美&クラブパンゲア

Adachiwinner
昨年春に出た安達久美の2枚目のアルバムをやっと買いました。1stアルバムは買ったのですが、何だかうるさいファンがいて、私のそのエントリーにコメントやトラックバックしまくりで、嫌気がさしていたこともあります。ファンは節度を守って応援しないと、逆効果ですね。2枚目はロック色が強くて、個人的には1枚目の方が好きですけど、一緒についていたDVDが1stの曲をやっていて、ハードコア・フュージョン色が強く、個人的には今回はCDよりもDVDの方が良かったという皮肉な結果になってしまいました。やっぱり1stの方がインパクトが強かったかなあ。今月3枚目が出るのですが、買うかどうか、まだ考えています。


Winners!&Live DVD/安達久美(G)&クラブパンゲア(Videoarts) - Recorded December 2007. 則竹裕之(Ds)、清水興(B)、河野啓三(Key)、Guest: Gaku Nakamura(Per on 2, 7) - 1. Delusion 2. Europa 3. All One 4. X-Wing Fighter 5. Peaceful Time 6. Catch Ball 7. Tribe Drive 8. Touch Me Gently 9. Winners (DVD) 1. Tribe Drive 2. Danjiri Funk 3. Pangaea 4. Junk 5. Making Of Banana Hall

DVD付きのCD。カルロス・サンタナ作の有名な「哀愁のヨーロッパ」を2曲目に、他は安達久美や他のメンバーの作曲。ファンクやフュージョンというよりも、かなりロックに近いテイストを持っているギタリスト。この2作目で、さらにその傾向は顕著になった感じもします。なかなか聴かせどころ、見せどころの多い演奏ではありますが、ジャズ側の視点で聴けばちょっと物足りなさも残る感じも。3曲目の一部で4ビートの演奏が混ざる場面がありますが、流さないでバップフレーズでブリブリいわせてほしかったかも。2曲目は有名すぎるだけに、コピーバンドクラスでも最近はこれに近いことはやると思うので、オリジナルだけで勝負してもよかったのではないか、とも思います。でも、9曲目はかなりど派手にぶち上げていて、カッコよい。(08年3月19日発売)

« You Know That Feeling/Brian Bromberg | トップページ | ブログの夏休み(不定期更新) »

フュージョン・ファンク」カテゴリの記事

ロック・ポップス」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

こちらからもTBさせていただきます。

本作は1枚目と比較するとちょっと綺麗に纏まりすぎているような印象でした。
はたして3枚目はどうなのか、固定メンバーでやっているバンドなのでマンネリになっていないかが心配です。
バンドとしての結束力の強さが裏目に出てないといいんですけどね。

>naryさん

TBどうもありがとうございます。

1枚目はどの曲も強く印象に残ったのですが、1回聴いてメロディを口ずさめる曲がほとんどなくなってしまったので、その点が、3枚目を買おうかどうしようか、という悩みになってます。そうハイペースでアルバムリリースをしなくてもいいとは思うんですけど。

DVDがついて3,500円+消費税というのも、どうかなあ、と思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36193/45875501

この記事へのトラックバック一覧です: Winners!&Live DVD/安達久美&クラブパンゲア:

« You Know That Feeling/Brian Bromberg | トップページ | ブログの夏休み(不定期更新) »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Amazon検索

HMV検索

  • HMV検索
    検索する
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

メールアドレス

友人が運営しているサイト