私の運営するホームページ

掲示板

Twitter

無料ブログはココログ

« Houseplant/Jim Black Alasnoaxis | トップページ | ブラ・ブラ/富樫雅彦 »

2009/08/24

Remembrance/John Patitucci Trio

Johnreme
ジョン・パティトゥッチのソロ・アルバム。最近彼のリーダー作はかなり内省的になっていて心配だったのですが、このアルバムも内省的な要素はあるにしても、さすが一流の参加メンバーでのピアノレス・トリオ、現代ジャズとして納得の演奏。特にスペースのある中を自由に動き回るサックスがいいですねえ。このジョー・ロヴァーノにドラムスでブライアン・ブレイドだったら文句は出るはずはありません。もっと発散してくれたらとも思っても、これがパティトゥッチの持ち味なんだから、これはこれでいいかなあ、なんて思っています。時にパーカッションとチェロが出てきますけど、メインはあくまでこの3人で通しているところなんか、筋が通っていていいですねえ。


Remembrance/John Patitucci(B) Trio(Concord)(輸入盤) - Recorded September 16 and 17, 2008. Joe Lovano(Ts, Acl on 6), Brian Blade(Ds), Rogerio Boccato(Per on 2, 4-5, 8), Sacci Patitucci(Cello on 6) - 1. Monk/Trane 2. Messaien's Gumbo 3. Sonny Side 4. Meditations 5. Mali 6. Scenes From An Opera 7. Blues For Freddie 8. Safari 9. Joe Hen 10. Play Ball 11. Remembrance

(09/08/24) 全曲ジョン・パティトゥッチの作曲。11曲目のみ彼のエレクトリック・ベースの多重録音によるソロで、アコースティック・ベースを使用しているのが1、3、6-10曲目、エレキ・ベースが2、4-5、11曲目。基本編成がピアノレスのサックス・トリオなので、彼ならではの楽器の持ち替えで、サウンドがカラフルになっています。しかもこのトリオなら文句なしのメンバーということで、けっこうジャズはジャズらしく、4ビートの曲もあるし、ファンク(フュージョン)はそれらしくと、飽きさせません。自由な空間的な表現もなかなかばっちりキマッていて、やや内省的ですが、行き過ぎることもなく、なかなかいい感じです。現代的な3人のインタープレイが、聴く人をひきこんでいくような、そんなサウンドです。ゲストも控え目で好ましい感じ。

« Houseplant/Jim Black Alasnoaxis | トップページ | ブラ・ブラ/富樫雅彦 »

ジャズ」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

こちらからもTBさせていただきます。

聴く前はコード楽器レスだし、ジョー・ロヴァーノとの相性が心配だったのですが、近作としては最高に良かったです。
多重録音はベースソロのラスト曲だけだったし、ようやくバンドとしての同時進行の演奏を堪能することができました。
ストリングスによる室内楽的な演奏もなくて、これから先がまた楽しみになってきました。

>naryさん

TBどうもありがとうございます。

曲のタイトルが先人のミュージシャンを表したりして思わせぶりだったのですが、やっぱりこのメンバーでシンプルな編成だと、いいサウンドを出しますねえ。

もっと爆発してもよかったかな、とは思いつつ、この路線でかなり印象は良かったです。トリオ名義なので、次回作があれば、またこのメンバーで行くのかな、なんて予想もしてますが、どうでしょう。

(サイド参加を聴いていて)最近のJohn Patitucciは脂がのってるなぁと感じていたので、リーダー作も満足度が高く評価急上昇中って感じです。

でもって、この盤のジョー・ロヴァーノがこれまた良かった印象です。


TBありがとうございます。逆TBさせていただきます。

>oza。さん

TBどうもありがとうございます。

このメンバーなら、悪かろうはずはないですよね。と言いつつ、リーダー作のときは、このところ内省的なアルバムが多かったので、ちょっと心配していたのも事実なんですけど。

できれば次回もこのメンバーをコアにして、と期待をするのですが、集めるのは大変かもしれないなあ、なんて思ってます。

工藤さん,こんばんは。当方ブログへTBありがとうございました。

このアルバムは予想以上に良かったと思いますし,それはLovanoの貢献が特に大きいと感じている私です。しかし,実力者3人ですから,まぁ期待通りって気もしますが,それでもこれは聞き応えがありました。

こちらからもTBさせて頂きます。

>中年音楽狂さん

TBどうもありがとうございます。

ピアノレス・トリオの勝負だけではなくて、曲によってはパテトゥッチお得意のエレクトリック・ベースが出てきたところも、意表をついていて良かったでした。

やっぱりピアノレスということでフロントのジョー・ロヴァーノの露出度がかなり高いですが、トリオのバランスも良く、こういうトリオならば、このメンバーをコアにして次回作も、というのは望みすぎでしょうか。

やっぱり、、だめですねぇ。。
何が違うのでしょう。。がっくり。

>すずっくさん

TBどうもありがとうございます!
要承認のところに紛れ込んでいて、ちゃんと入っていましたよ。

でも、設定もしてないのにどういう判定でTBを受け付けなかったり、要承認になったりするのか、ココログの説明を読んでも分からないのです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36193/46018250

この記事へのトラックバック一覧です: Remembrance/John Patitucci Trio:

» John Patitucci Remembrance [JAZZとAUDIOが出会うと。。。]
John Patitucciの新作は、SAX TRIOという構成です。 前作のLive By Lineは買ったけど、その前しばらくはリーダー作は手にしていなかったのですが最近、サイドでも演奏が光っている印象がありましたので、これは買わないわけにはいきませんでした。 メンツは、これは泣く子も黙るな鉄壁なメンツと言って良いでしょう。もうベテランの域に入った3人の演奏ということになります。 数曲ゲストが参加してますが.. Sachi Patitucciって。。奥さん..... [続きを読む]

» 抑制された中にスリルを感じさせるJohn Patitucci [中年音楽狂日記:Toshiya's Music Bar]
Remembrance John Patitucci Trio (Concord)Chick Coreaのバンドでメジャーになって以来,結構な年月が経過して,今やJohn Patitucciも堂々たる [続きを読む]

» Remembrance/JohnPatitucciTrio [MySecretRoom]
人間が馬鹿にできているので(きっぱり)、締め切りとか、急ぎの仕事とか、優先順位のトップにあるものから逃げ出したくなる。机の上のたまった書類に向かい合うこと30分。。何もすすまない。あれやこれや考え頬杖して庭を眺めてると秋の陽射しが心地よい。やっぱり、紅...... [続きを読む]

« Houseplant/Jim Black Alasnoaxis | トップページ | ブラ・ブラ/富樫雅彦 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Amazon検索

HMV検索

  • HMV検索
    検索する
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

メールアドレス

友人が運営しているサイト