私の運営するホームページ

掲示板

Twitter

無料ブログはココログ

« 無機質オレンジ/松永貴志 | トップページ | CDを置く場所がなくなった(笑) »

2009/08/04

地球は愛で浮かんでる/松永貴志

Matsunagachikyu
松永貴志の5作目で一段落。傾向が今までと変わってきて、静かな美しい曲も目立つようになってきました。その反面、だんだん複雑になってくる曲もあり、どんどん彼は進化している最中だと思います。4ビートのいかにもジャズやってます、という曲がないのは現代ジャズの特徴ですし、彼なりに(彼独自に)新しい方向に今後向かうのではないかと思います。楽しみ。J-POPのようなアルバムタイトルですが、中身はいいですよ。ところで、ボトムの2人がここでは2組あるのですが、個性の違いはいいにしても外山のバスドラがサウンド的にジャズ的でないところが目立ってしまったのが少々気になりました。最初何の音?と見回してしまいましたよ。


地球は愛で浮かんでる/松永貴志(P)(Somethin'else) - Recorded January 10, 12, 15 and 17, 2008. 安ヵ川大樹(B on 1-4, 8-9)、広瀬潤次(Ds on 1-4, 8-9)、水谷浩章(B on 5-7, 10-11)、外山明(Ds on 5-7, 10-11) - 1.時の砂 2.Mud Club Party 3.神戸 4.残酷な天使のテーゼ(「新世紀エヴァンゲリオン」より) 5.地球は愛で浮かんでる 6.Street Performer 7.海岸通り 8.Powell Circle 9.La Seule Gloire 10.水風船 11.風のトラベラー

今回も40分ほどで11曲と凝縮されたアルバム。4曲目を除き、全曲松永貴志の作曲。その4曲目はアニメ「新世紀エヴァンゲリオン」の中の曲を変拍子にしてカッコよく演奏しています。他の曲でも時々変拍子は顔を出します。今回は1曲目はガーンとはこなくて、ロマンチックでメランコリックなメロディのワルツ。3曲目の「神戸」も再演曲で美しい曲。ガンガン押すだけではなくて、こういう叙情的で牧歌的な世界の表現も素晴らしいです。タイトル曲の5曲目も研ぎ澄まされた静かな演奏で、スタンスが変わったなという印象。メカニカルで迷宮に迷い込んだような6曲目、バド・パウエルの曲がモチーフでウネウネきてから自由に演奏する8曲目、めまぐるしく場面が切り替わるような10曲目、なぜか印象的で活気のある浮遊感の11曲目。(08年4月30日発売)

« 無機質オレンジ/松永貴志 | トップページ | CDを置く場所がなくなった(笑) »

ジャズ」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36193/45816546

この記事へのトラックバック一覧です: 地球は愛で浮かんでる/松永貴志:

» 安ヵ川大樹とタナカニコ(2) [タナカニコのJAZZ生活]
ベーシスト安ヵ川さんは、100枚を超える国内外のレコーディングに参加する 日本のトップベーシストです。実際にお会いするのは2回目なのですが、安ヵ 川さんは、ちゃんと私たちのことを覚えていて、話しかけてきてくれたんです。 感激でした。ということで、私は益々... [続きを読む]

« 無機質オレンジ/松永貴志 | トップページ | CDを置く場所がなくなった(笑) »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Amazon検索

HMV検索

  • HMV検索
    検索する
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

メールアドレス

友人が運営しているサイト