私の運営するホームページ

掲示板

Twitter

無料ブログはココログ

« ブラ・ブラ/富樫雅彦 | トップページ | ロング・トゥ・ビー・ルーズ/ウェイン・クランツ »

2009/08/28

ザッツ・ミー/バーバラ・デイナーリン

Barbarathat
このアルバムは’92年10月発売の国内盤です。Enjaレーベルも、この当時はクラウンから出てましたが、その後徳間、ミューザック、そしてコロムビアとワード・レコーズでの併売と、かなり日本での発売元を変えているんですね。しかも、Enjaは輸入盤も含めて廃盤になるのがけっこう早いです。欲しい時に入手しておかないと、中古盤を求めてウロウロということにもなりかねません。Enjaは紙ジャケで数年前に旧譜が何十枚も出ていて、今回CDショップの閉店セールでまとめ買いしてあるのですが、紹介できるのはいつかなあ、なんて思ってます。このバーバラ・ディナーリンのアルバムも参加メンバーから今なら即買い!なんですがもう17年も前のこと。見逃していました。(注)このアルバムは今現在、輸入盤でも国内盤(ちょっと高いですが)でも入手可能です。


ザッツ・ミー/バーバラ・デイナーリン(Enja)
That's Me/Barbara Dennerlein(Org, Synth)(Enja)(中古盤) - Recorded March 3-4, 9 and 10, 1992. Ray Anderson(Tb), Bob Berg(Ts), Mitch Watkins(G), Dennis Chambers(Ds) - 1. Grandfather's Funk 2. Dancing Shoes 3. That's Me 4. Three Hearts 5. Monkology 6. Love Affair - The Ballad 7. Love Affair - Forever And Never 8. One For Miles D. 9. Downtown N.Y.

(09/08/28)8曲目のみメンバーのレイ・アンダーソン作曲で、他の曲は全部バーバラ・ディナーリンの作曲。デニス・チェンバースやボブ・バーグを含め、素晴らしいメンバーが集まっています。レイ・アンダーソンのトロンボーンはEnjaでは有名でかなり個性的だし、ギターのミッチ・ワトキンスもジョン・スコフィールドをさらにもっとロック的にしたようなギターで魅力的。主役のオルガンも、フット・ベースの踏み方がタイムリーかつ音の輪郭がはっきりしていて、ベースレスでもバランス良く聴かせてくれます。曲もいかにもオルガンを使って似合うような曲から、全然オルガンを使った曲らしからぬものまでさまざま。かなり変化に富んでいて、曲の魅力も高い。オリジナルばかりにもかかわらず、曲良し、演奏良しで、けっこうお気に入り。

« ブラ・ブラ/富樫雅彦 | トップページ | ロング・トゥ・ビー・ルーズ/ウェイン・クランツ »

Enjaレーベル」カテゴリの記事

ジャズ」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36193/46054291

この記事へのトラックバック一覧です: ザッツ・ミー/バーバラ・デイナーリン:

« ブラ・ブラ/富樫雅彦 | トップページ | ロング・トゥ・ビー・ルーズ/ウェイン・クランツ »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Amazon検索

HMV検索

  • HMV検索
    検索する
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

メールアドレス

友人が運営しているサイト