私の運営するホームページ

掲示板

Twitter

無料ブログはココログ

« Refuge Trio | トップページ | Toi-Meme(Yourself)/Noel Akchote »

2009/08/18

Live-Refined/NEXT ORDER

Nextrifined
数年前に「インディーズのジャズCDを応援するページ」をやっていたときに、かなりの収穫だったのがこのグループとの出会いで、その後も追いかけて聴いています。ハードコア・フュージョンとインプロを掛け合わせた独自のサウンドで、キーボードレスで自由度が高く、武藤のソリッド・ギターと清野のセミ・アコのギターの聴けば分かる個性の違い、作曲者によってのサウンドの違いなど、かなり楽しめます。大手のプロデュースが入ったとしたら、スタジオで売れ筋の凝縮といった形で録音するでしょうが、彼らはライヴの臨場感をそのままCDに詰め込んでいます。今回はダイナミックレンジがけっこう広いので、ヴォリュームは上げめにして聴くといいかもです。現在は国内はボンバレコード、アメリカではLoLo Recordsの取り扱いです。


Live-Refined/NEXT ORDER(Order Tone Music)(Bomba) - Released 2009. 武藤祐志(G)、清野拓巳(G)、石垣篤友(B)、松田”GORI”広士(Ds) - 1. Death Mental 2-3. The Carrot & The Stick 4. Oro Campo 5. No Hegitation 6. Fable 7. Simm 55 8. Locus 9. Angry Stone

ライヴの4作目。1、9曲目が武藤作、2-3、6、8曲目が清野作、5曲目が石垣作、4、7曲目が松田作と個性的な曲ばかり。前作と比べて、ハードコアフュージョンで発散するも、小音量部分のインプロ的なやり取りも少し目立っています。同一メンバーが深化してきた証拠かも。個人的にはハードコアフュージョン満載の曲が好みだけれども、1曲目でこれでもかと勢いよくくると思うと、静かなインプロのやりとりの部分もあったり、繊細な面も強い3、8曲目など、割と静かな曲も急に盛り上がったりします。静かなインプロから美しいメロディ、強いメロディが浮かび上がってきたり、彼らしかできない音楽。7曲目は変則的なテーマで、4ビートの部分もハードコアな表現です。すぐ聴いて分かる2人のギターの個性の違いが聴かせどころ。(09年8月22日発売)

« Refuge Trio | トップページ | Toi-Meme(Yourself)/Noel Akchote »

フュージョン・ファンク」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

こちらからもTBさせていただきます。

日本にもようやくこの手のハードコア・フュージョン・バンドが登場してきたのがなんとも嬉しい限りなのですが、これまでのアルバムが全てライブ・レコーディングだというのも凄いですよね。
ライブで常に進化し続けているのは根本にジャズの精神があるからだと思うのですが、それがNext Orderの強みにもなっていると思うので、同じメンバーでやっていてもマンネリになることなく、これからも新たな展開が期待できそうです。

>naryさん

TBありがとうございます、と見てみたら入ってなかったようです。すいませんがお時間のあるときにでも再度渡来してみてください。

なかなかいい塩梅で、盛り上がる部分と静かな部分とがあって、何度聴いても飽きません。ありそうでなかなかこういうサウンドのバンドはないので、これからも頑張ってほしいですよね。

やっぱりライヴ録音というのがいいのかもですね。今回のツアーで東京も入っていたのですが、観に行けなくて少々残念でした。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36193/45953917

この記事へのトラックバック一覧です: Live-Refined/NEXT ORDER:

« Refuge Trio | トップページ | Toi-Meme(Yourself)/Noel Akchote »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Amazon検索

HMV検索

  • HMV検索
    検索する
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

メールアドレス

友人が運営しているサイト