私の運営するホームページ

掲示板

Twitter

無料ブログはココログ

« 楽興の時/大西順子 | トップページ | 25(アート・ブレイキー・トリビュート)/マンハッタン・ジャズ・クインテット »

2009/07/25

ステージア乗りから見たスカイラインクロスオーバー

Skacro
ステーションワゴンのステージアを4年近く乗っている(その前にはやはりステージアを9年乗ってました)割には、ステーションワゴン・ユーザーにありがちな、1年に何万キロも走るというわけではなく、年間3千キロぐらいしか走ってないわけなんで、あまり言える立場にはないんですけど。ステージアも’07年6月に生産中止で、代替の自動車を探している人は少なくないと思います。

日産の高級SUVのスカイラインクロスオーバーが7月に出ましたけど、ステージアのオーナーには評判はあまり良くないようです。理由は、まず値段が高すぎる。一番安いグレードで考えても450-460万円は諸経費込みで出てしまって、500万円超えはあたりまえの値段で、外車のステーションワゴンに乗っている人ならまだしも、国産ステーションワゴンに乗る人がそんなにお金は出せないと思います。

そして3.7リットルエンジン(これしかないのです)は大きすぎるし、ステーションワゴン乗りの大半は、そんな性能必要ないと思っているはず。(もちろんワゴン党で走り屋指向の方も少なくないですが。)仮に2.5リットルエンジンの仕様が出たとしても、ステーションワゴンよりはボディは重くなって、メリットはあまり感じられません。居住空間は広くなってないし、荷室に関しては話にならないくらい狭くなっています。そこにそれだけの対価を払うかどうかですよね。ワゴン乗りとSUV乗りとでは価値観が全然違うんですね。

やはり、仕様や価格の点からすれば、現在残っているスバルのレガシーか、ホンダのアコードツアラーに目が行ってしまいますよね。FRでなかったり、エンジンの仕様の点では不満は残りますが。私の場合、あまり距離を乗っていないので、10年はこのままいける可能性が強いです。細かいキズは次回の定期点検の時に直して、ていねいに長くステージアに乗っていこうと、改めて思ったのでした。次の買い替えの時までに、日産で大型ステーションワゴンの復活を願ってますが、今の日産の体制では望み薄のようですね。

« 楽興の時/大西順子 | トップページ | 25(アート・ブレイキー・トリビュート)/マンハッタン・ジャズ・クインテット »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

はじめまして、V35乗りです。

今まで、スカイラインオーナーの視点から見たスカイラインクロスオーバーは
『ステージアみたいな感じ』
と思っておりましたが

ブログを読ませて頂き、なるほど!と考えさせられました。
"INFINITIブランドとの兼ね合い"や"BMWとのライバル化"を考慮するならば、ステージアの復活は必須かなとも思います。
がしかし、市場は小さいので難しいかもしれませんね。

>I.P.さん

コメントどうもありがとうございます。

本文のような理由から、身近ではステージアからスカイライン・クロスオーバーに乗り換えた人はいないんです。せめてもう少し値段が安くて、2.5リッターエンジンの車があれば、違ったものになるのかもしれませんが。

ステージアの復活を望むも、私が買った5年前は千台前後/月に出ていたのですが、モデル末期には100-200台くらいしかなかったようなので、その可能性はなさそうです。今のまま乗り続けるしかないのかな、と考えています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36193/45737615

この記事へのトラックバック一覧です: ステージア乗りから見たスカイラインクロスオーバー:

« 楽興の時/大西順子 | トップページ | 25(アート・ブレイキー・トリビュート)/マンハッタン・ジャズ・クインテット »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Amazon検索

HMV検索

  • HMV検索
    検索する
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

メールアドレス

友人が運営しているサイト