私の運営するホームページ

掲示板

Twitter

無料ブログはココログ

« Ancestral Devotion/Lonnie Plaxico Group | トップページ | フェンダーのジャズベース、今日退院 »

2009/07/17

Poesia/Edward Simon Trio

Edwardpoesia
エドワード・サイモンはCriss Crossレーベルで知ったピアニストですが、その後Cam Jazzに移籍したんですね。同じメンバーでの2作目になりますが、ジョン・パティトゥッチとブライアン・ブレイドという、夢のようなコンビと組んでいます。ここでも4ビートというわけではなけれども、いろいろ変化に富んだリズムで、時には元気に賑やかに、ですが、タイトルの通り「詩的」な部分もあるように感じます。まあ、この3人ならば私の場合買って正解なのですが、いわゆるスウィングするジャズではないので、好き嫌いは出てくるかもしれませんね。最初と最後に持ってきたテイク違いのソロ・ピアノの曲が方向付けをしているような気がします。


Poesia/Edward Simon(P) Trio(Cam Jazz)(輸入盤) - Recorded February 14 and 15, 2008. John Patitucci(B), Brian Blade(Ds) - 1. My Love For You (Take 1) 2. Winter 3. Giant Steps 4. One For J.P. 5. Roby 6. Poesia 7. Intention 8. Triumph 9. My Love For You (Take 2)

(09/07/16)2、5曲目がジョン・パティトゥッチ作で、3曲目がジョン・コルトレーン作の他はエドワード・サイモン作。同じメンバーのトリオでは2作目。詩的な曲もあるけれど、という感じです。1、9曲目のテイク違いは耽美的にソロ・ピアノで表現している世界。静かな場面と賑やかな場面とで変化に富むドラマチックな2曲目、有名な曲を解体・再構築した感じの自由なアプローチの3曲目、ファンクタッチな、多重録音でエレキ・ベースをフィーチャーする4曲目、しっとり感と哀愁のあるバラードの5曲目、タイトル曲でも、美しいけれどかなり元気な感じの、変幻自在な雰囲気もある6曲目、7拍子基調(4分の4もあり?)でミステリアスな雰囲気をかもし出しながら進行していく7曲目、6拍子基調のピアノの裏ビートが印象に残る8曲目。

« Ancestral Devotion/Lonnie Plaxico Group | トップページ | フェンダーのジャズベース、今日退院 »

ジャズ」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

前作「Unicity」よりはエドワード・サイモンらしさが出ていたので良かったとは思うのですが、何せこれだけのメンバーですので、もっと凄いことができるはずだと過大な期待をしてしまうんですよね(苦笑)。
とりあえず「詩的」な部分は、ベネズエラ出身のサイモンにとってはあまり必要がないような気がします。
もしかするとCam Jazzのレーベルカラーも反映されているのかもしれません。

>naryさん

TBどうもありがとうございます。

確かにベネズエラ出身のエドワード・サイモンのことだから、あんまりメランコリック路線に走らなくてもいいような気がしています。このメンバーだと、もっとガンガン行こうと思えばできますもんね。ただ、静かな曲から盛り上がりのある曲まで幅広く楽しめたので、私も前作よりはこちらの方が好みです。

TBありがとうございます。逆TBさせていただきます。

(最近の or この盤の)John Patitucciが良い仕事してる印象があってこの盤好感触です。

Edward Simonに関しては、Unicity依頼の2枚目となりますが、こっちのほうが良いような感じですかねぇ

>oza。さん

TBどうもありがとうございます。

ジョン・パティトゥッチも自身のリーダー作になると、最近は内省的なアルバムの傾向ですよね。でも、サイドにまわるとけっこういい仕事していると、私も思います。

やっぱりoza。さんも2枚目の方がいいですか。何人かの方がそう書いているので、皆さんの好みが一致しているということでしょうね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36193/45649436

この記事へのトラックバック一覧です: Poesia/Edward Simon Trio:

» Edward Simon Poesia [JAZZとAUDIOが出会うと。。。]
Edward Simon盤は、2つめの購入です(おそらく)。 1枚目はUnicity(http://blogs.yahoo.co.jp/pabljxan/43081647.html)で、メンツは同じで約3年前の作品です。 そのメンツは Edward Simon(P)、John Patitucci(B)、Brian Blade(Ds) かなり、強力な布陣となっています。 演奏曲は以下の通り。GIANT STEPSと、メンバーのオリジナルという構成です。 1 ..... [続きを読む]

« Ancestral Devotion/Lonnie Plaxico Group | トップページ | フェンダーのジャズベース、今日退院 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Amazon検索

HMV検索

  • HMV検索
    検索する
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

メールアドレス

友人が運営しているサイト