私の運営するホームページ

掲示板

Twitter

無料ブログはココログ

« Remembering Weather Report/Miroslav Vitous Group w/Michel Portal | トップページ | ブラジリアン・パッション/アマンダ・ブレッカー »

2009/06/24

Saudacoes/Egberto Gismonti

2082
今回ECMレーベルを5枚聴きましたけど、4ビートのジャズはないのは分かってますが、ジャズに近いのはミロスラフ・ヴィトウスのアルバムだけだったかな。今日のエグベルト・ジスモンチのアルバムは1枚目は彼自身は作曲のみで、モロに現代音楽になっているし、2枚目もギターのインプロヴィゼーション度はあるかもですが、クラシックギターでの演奏になるので、いわゆるジャジーな世界とは無縁です。まあ、それでこそ自分でジャンルを切り開いているECMということでもあるんですけどね。このアルバム、CD2枚組で両方とも70分以上収録。聴き通すのは大変かもですが、聴きごたえはあると思います。ジャンルに注意。


Saudacoes/Egberto Gismonti(G)(ECM 2082/83)(輸入盤) - Recorded Augusut 2006, April and May 2007. Camerata Romeu, Zenaida Romeu(Cond), Alxandre Gismonti(G) - [CD1] Sertos Veredas - Tributo A Miscigenacao: 1. Sertos Veredas 1 2. Sertos Veredas 2 3. Sertos Veredas 3 4. Sertos Veredas 4 5. Sertos Veredas 5 6. Sertos Veredas 6 7. Sertos Veredas 7 - Palhaco Na Caravela [CD2] Duetos De Violos: 1. Lundu 2. Mestico & Caboclo 3. Dois Violoes 4. Palhaco 5. Danca Dos Escravos 5. Chora Antonio 7. Zig Zag 8. Carmen 9. Aguas & Danca 10. Saudacoes

(09/06/21)CD1枚目はエグベルト・ジスモンチは作曲(一部共作)のみで、クラシックの弦楽楽団による演奏。なので現代音楽のジャンルに入ると思います。CD2枚目はギターのデュオの演奏。Alxandre Gismontiのソロが4、6曲目、彼の作曲が6曲目。エグベルト・ジスモンチのソロは10曲目で、主に彼の作曲ないしは共作。1枚目は現代音楽でも難解さはあまりなく、それでも西欧的で温度感は低め。ラストに分かりやすいメロディ。CD2枚目は、再演曲もあって、意味過去の再演と現在進行形の彼のギターを聴けるところに意義があるかも。乾いたクラシックギターの音と速いフレーズの技巧がスゴい。ただ、インプロヴィゼーションはあっても、ジャズとは離れたサウンドなので、聴く人を選ぶか。傍系レーベル「Carmo」のマークも。

« Remembering Weather Report/Miroslav Vitous Group w/Michel Portal | トップページ | ブラジリアン・パッション/アマンダ・ブレッカー »

ECM2051-2101番」カテゴリの記事

ECMレーベル」カテゴリの記事

クラシック・現代音楽」カテゴリの記事

ジャズ」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36193/45408727

この記事へのトラックバック一覧です: Saudacoes/Egberto Gismonti:

« Remembering Weather Report/Miroslav Vitous Group w/Michel Portal | トップページ | ブラジリアン・パッション/アマンダ・ブレッカー »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Amazon検索

HMV検索

  • HMV検索
    検索する
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

メールアドレス

友人が運営しているサイト