私の運営するホームページ

掲示板

Twitter

無料ブログはココログ

« スカイラインクロスオーバーが出るけれど | トップページ | ポートレイト・オブ・ジャコ/ブライアン・ブロンバーグ »

2009/06/12

ウッド/ブライアン・ブロンバーグ

Brianwood
つい先日、ブライアン・ブロンバーグの新作をここで紹介しましたけど、自分は手放しに感動しましたが、複数のまわりの評価があまり高くないことに気がつきました。彼がスタジオ・ミュージシャン出身で何でも器用にこなしてしまうことも原因かと思いますが。でもそのレベルは今日聴いたキングからの低音シリーズ初作品でも、おっそろしく高いんですよね。まあ、マイケル・ブレッカーも似たような境遇だったと思いますが、器用すぎて評価されないのかどうか。本当はECMの連続聴きに入ろうと思ったのですけど、この機会にブライアン・ブロンバーグ、まとめて聴きたいと思ってます。ちなみに私はメロディもそうですが、サウンドのテクニカルやメカニカルな部分にも興味を持つタイプです。


ウッド/ブライアン・ブロンバーグ(B)(Seven Seas)
Wood/Brian Bromberg(B)(Seven Seas) - Recorded December 14-17, 2000. Randy Waldman(P), David Bromberg(Ds) - 1. The Sage Of Harrison Crabfeathers 2. Dolphin Dance 3. Come Together 4. Goodbye (For My Father) 5. Speak Low 6. Freedom Jazz Dance 7. I Love You 8. Straight No Chaser 9. All Blues 10. The Days Of Wines And Roses 11. Star Spangled Banner

ブライアン・ブロンバーグの作曲は4曲目のみで、他はスタンダードやジャズメン・オリジナル、ロック、果てはラスト11曲目で「星条旗よ永遠なれ」まで演奏しています。ウッド・ベースがとにかく出まくり。いわゆるリード・ベースの場面も。ベース・ソロの曲も4曲(3、6、9、11曲目)。ピアノとのデュオが2曲(4、10曲目)。キングの低音シリーズ(確か彼はこのアルバムがこのシリーズはじめて)だけあって、バッキングにまわった時もヴォリュームは大きめ。ウッド・ベースを弾いた時もスゴ腕でバカテク、しかもバックでの演奏の時も、音の使い方が的確で、大排気量の車に乗ったときのように安心して聴けます。ここでのウッドのソロがかなりインパクトありで、音もリアルだし、弦が指板に触れるバチッという音もけっこうリアルですね。(01年4月25日発売)

« スカイラインクロスオーバーが出るけれど | トップページ | ポートレイト・オブ・ジャコ/ブライアン・ブロンバーグ »

ジャズ」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

工藤さん、こんばんは。
おっ。はじめましたね。ブロンバーグ集中聴き。
オイラもこの「ウッド」でブロンバーグに興味を持ちました。「星条旗よ永遠なれ」をこのように弾きたいと、今でも夢見ているウッベ弾きです(笑)。これ売れたんですよね。
さてさて、いろいろ聴き終えて、工藤さんのブロンバーグ観がどう出るか?今から楽しみです。

>tommyさん

CDショップの人にも、「これは売れたよ」という話は聞きました。これが最初にくると、けっこうぶっ飛びもののアルバムになったんじゃないかと思います。

このあとのアルバムをすでに2枚聴いてますけど、ウッドもエレキ(多弦やフレットレス、ピッコロ・ベースも含めて)も何でもこなす人なので、幅広いんだけども、器用すぎて損をしている部分ってあるんじゃないかな、と気になりました。その変化についていけない(あるいはいかない)ジャズファンもいるとは思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36193/45318509

この記事へのトラックバック一覧です: ウッド/ブライアン・ブロンバーグ:

« スカイラインクロスオーバーが出るけれど | トップページ | ポートレイト・オブ・ジャコ/ブライアン・ブロンバーグ »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Amazon検索

HMV検索

  • HMV検索
    検索する
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

メールアドレス

友人が運営しているサイト