私の運営するホームページ

掲示板

Twitter

無料ブログはココログ

« イン・ザ・スピリット・オブ・ジョビン/ブライアン・ブロンバーグ | トップページ | Lost On The Way/Louis Sclavis »

2009/06/19

新世紀~アウト・オブ・トラック/ジョバンニ・ミラバッシ・トリオ

Giovanniout
ジョバンニ・ミラバッシもとうとう澤野工房から移籍かあ、と思って、発売後しばらく買わなかったのですが、やはり内容が気になり、5月に購入。メンバーは同じだし、いちおうジェローム・ペイヨとミラバッシ自身のプロデュース。スタンダードやジャズメン・オリジナル、映画音楽の割合がけっこう増えたな、という感じです。以前は彼のオリジナルが中心だったのですけれどもね。でも、繊細な彼の演奏も好きですけど、こんかい快活な演奏も増えて、幅に広がりを見せたのもいいところかもしれない。個性というところは薄まったかなとも思いますが。11曲目のソロ・ピアノが何とも言えず、良いんですよね。次回作がどうなるか、気になります。


新世紀~アウト・オブ・トラック/ジョバンニ・ミラバッシ(P)・トリオ(Videoarts)
Out Of Track/Giovanni Mirabassi(P)(Videoarts) - Recorded Mat 18 and 19, and July 27, 2008. Gianluca Renzi(B), Leon Parker(Ds) - 1. Dear Old Stockholm 2. Pieraninzi 3. Vuelvo Al Sur 4. Alone Together 5. Le Chant Des Partisans 6. Just One Of Those Things 7. Zoom 8. Impressions 9. Souvenirs Souvenirs 10. Hire's The Intro 11. Hire's To You 12. Convite Para A Vida

レオン・パーカー(Ds)、ジャンルカ・レンジ(B)とのトリオ。澤野工房からの移籍第1弾。前作と同じメンバーだけどジョバンニ・ミラバッシ作は少なくなり、4曲(2、7、9-10曲目)、映画音楽、スタンダード、ジャズメン・オリジナルなどが多めになっています。とは言うものの、叙情的で耽美的なピアノはここでも健在で、これでもか、というくらい美しいフレーズもあります。それと同時に、外に向けてある程度ガンガンくるような演奏もあって、1曲目の途中部分あたりに、もうその傾向が。2曲目のオリジナルもラテンビートで快活に。また、6、8-9曲目のようにけっこう元気で速いパッセージの曲もあり、これが以前とは傾向が変わった点かなと思います。プロデュース的には澤野(あるいはSketch)時代の方が好きだけど、繊細なだけでなく快活な演奏もできるという点でなかなかいいですね。(08年12月3日発売)

« イン・ザ・スピリット・オブ・ジョビン/ブライアン・ブロンバーグ | トップページ | Lost On The Way/Louis Sclavis »

ジャズ」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

こちらからもTBさせていただきます。

ミラバッシは澤野工房の顔だっただけに、Videoartsに移籍したのには驚いたのですが、同じメンバーでやっている前作よりは動的な演奏が多かったので、私としては本作の方が良かったです。
またいつもとは趣向を変えた選曲にも好感を持てました。

トラバ、、ありがとうございました。
どうでしょうか?
トラバ、、してみたんですけどねぇ。。

澤野さんのピアニストの方々は、日本のファンもとても多いですよね。
わたくしも、、この人、澤野さんの看板ピアニストなんだろうなぁ。。
って、思ってましたら、、今回は、Videoartsさんから新譜がでてちょっとビックリしました。

次は、、どうなるんでしょう。。。
楽しみにしてよいのでしょうかぁ。。。

>naryさん

TBどうもありがとうございます。

そうでしたそうでした、M&IではなくてVideoartsに移籍したんですよね。何人かの人に間違えて書いてしまいました(笑)。

プロデュースを見ると、あまり日本側が深く介入していないような感じでもあるので、そこがいい塩梅になっているのかもしれませんです。澤野でもそうでなくても、彼は彼の道を行く、という感じでしょうか。

>スズックさん

TBどうもありがとうございます。今日は一発で、バッチリ入ってますよ。

澤野工房はいいピアニストをいっぱい抱えてるんでしょうけど、やはり人気ピアニストから引き抜かれていくのは、運命なのかもしれませんねえ。昔Enjaレーベルの人がこぼしていたの記事を思い出しました。

彼の場合、移籍してもアルバムが良かったので、ホッとしています。

910さん、こんにちはmonakaです。
記事を読みTBしようと思ったのに自分の記事を探していました。
ミラバッシの移籍は歓迎です。JAZZマンはどんどん環境を変えたほうが良いと思っています。
今度の演奏大きな変化がありませんが、微妙なところが次にどうなるかとても楽しみです。

>monakaさん

TBどうもありがとうございます。

繊細なだけではないんだな、という演奏も見せつけてくれましたが、それでも11曲目のソロ・ピアノの演奏で、今までの彼の部分もあって、次回作が楽しみなピアニストになりました。何でこのアルバムを半年間買わずに放っておいたんだろうと、ちょっともったいない気分にもなっています。

910 さん、こんばんわ。

TBありがとうございます。
こちらからもTBさせてもらいましたが、
ちゃんとできているでしょうか?
最近、中年音楽狂さんのところも
スズックさんのところも
うまくTBできないのでちょっと心配です。

M&IとVideoartsは、僕もよく間違えます。
似てますよね。なぜでしょう。

そういえば、M&Iって、もともとポニーキャニオンの子会社でしたが、5月にポニーキャニオン音楽出版に社名変更したんですね。

>crissさん

TBですが、残念ながら今回は入っていませんでした。私のところだけではないとすると、ブログの会社同士の相性なのでしょうか。うまく入ることもあるんですけど。

移籍で彼の新しい面も見えてきましたけど、やっぱり自分はSKETCH時代が印象が強いです。でも、これからの彼の演奏がどう変化していくかも楽しみでもあります。次回作にも期待します。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36193/45335965

この記事へのトラックバック一覧です: 新世紀~アウト・オブ・トラック/ジョバンニ・ミラバッシ・トリオ:

» Outoftrack/GiovanniMirabassiTrio [MySecretRoom]
遠く海まで続く黒い大地。。象の肌のようにしわがより、老婆が死を宣言されて凍り付いたような無表情な印象。溶岩の冷え固まった大地は、過去も現在も未来も無いダークな世界。火山の猛威によってできた死の世界、、胸が痛む。ヘリが進むと白い煙が見える。黒い大地の割れ...... [続きを読む]

» トリオの本領 OUT OF TRACK / GIOVANNI MIRABASSI [JAZZ最中]
GIOVANNI MIRABASSIを聴いているようで、あまり聴いていない。多分持っているアルバムも「Dal Vivo」ぐらいだと思う。 http://blog.goo.ne.jp/monakasm/d/20070125 とても評判もいいのに、このような間みたいなあるのですね。多分似たイメージのジャケの澤野工房のそんな部分かもしれません。 今回はビデオアーツに移ってちょっと演奏も変わったのでないでしょうか。 1曲目ピアノのテーマはもちろん良いけど、途中のジャンルカ・レンジのベースソロが太い音... [続きを読む]

« イン・ザ・スピリット・オブ・ジョビン/ブライアン・ブロンバーグ | トップページ | Lost On The Way/Louis Sclavis »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Amazon検索

HMV検索

  • HMV検索
    検索する
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

メールアドレス

友人が運営しているサイト