私の運営するホームページ

掲示板

Twitter

無料ブログはココログ

« Jungle/小曽根真 featuring No Name Horses | トップページ | スピリチュアル・ネイチャー/富樫雅彦 »

2009/06/01

銀界/山本邦山+菊地雅章

Yamamotoginkai
日本のジャズは海外の亜流という説も、いちがいには否定できない面もあるけれど、日本独自のジャズで名作を生み出していたことも確かで、この「銀界」などは、日本で録音されたジャズのアルバムの中でもかなり名作になるのではないかと思います。尺八が主役で、日本の旋律を奏でているのですが、ピアノトリオのバッキングの妙というか、全てがここにあるサウンドの物語を語っているように感じます。こういうジャズが’70年に録音されたということ自体、日本のジャズを誇っていいんじゃないかと思っています。そして、参加しているゲイリー・ピーコックの日本的なこと。彼以上に日本を理解している外国のミュージシャンも少ないでしょう。


銀界/山本邦山(尺八)+菊地雅章(P)(Universal)
銀界(Silver World)/Hozan Yamamoto(Shakuhachi)(Universal) - Recorded October 15 and 20, 1970. Masabumi Kikuchi(P), Gary Peacock(B), Hiroshi Murakami(Ds) - 1. 序(Prologue) 2. 銀界(Silver World) 3. 竜安寺の石庭(Stone Garden Of Ryoan Temple) 4. 驟雨(A Heavy Shower) 5. 沢之瀬(Sawanose) 6. 終(Epilogue)

全曲菊地雅章の作曲。これぞ純日本的なジャズといっても過言ではなく、尺八がメインの日本のジャズとして歴史に残るアルバム。参加している来日中のゲイリー・ピーコックが、日本的な侘び寂びの感覚を持っているような気がします。尺八のたゆたうようなゆったりしたメロディで、邦楽かと思わせるような純日本的なサウンドを聴かせつつ、リズムセクションがたまに8ビートや4ビートになって活発に盛り上がる場面があったり、バックがフリー的な展開をするところもあったり、類似するサウンドがないくらいの個性的なアルバムに仕上がっています。尺八はあくまでも尺八としての使命を全うするかのように、邦楽を奏でているのと同じようなメロディ、間、空間を奏でています。4ビートの部分(4曲目)はモロにジャズの展開です。(09年5月27日発売)

« Jungle/小曽根真 featuring No Name Horses | トップページ | スピリチュアル・ネイチャー/富樫雅彦 »

ジャズ」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

このアルバム大好きです。
菊地、ピーコックの両方にある独特な時間感覚がたまりません。

ぼくはタワーレコード限定再発の時に買いましたが、今回の再発はずいぶん値段が上がってますね。

ぼくはSHM-CDにはかなり懐疑的なので(あんなもんプラシーボやオカルトの類だと思ってます)、高値で再発を繰り返すよりは、平均的な価格で常にカタログに残しておいてほしい。そして、このアルバムはそうするだけのクオリティがあると思います。

>けむさん

このアルバム、最近になって聴いてみたくなったのですが、このSHM-CDしか入手が容易ではないみたいですね。アルバムは、確かに聴いてみる価値があったものです。

SHM-CDの販売戦略、2,800円ではジャズファンには受け入れられなかったようで、今回のこの日本のシリーズでは2,500円、同時期に発売されるアトランティックのシリーズでは2,300円になっているようです。当たり前の話で、原価がそんなにかかっているわけないですからね。せいぜい普通のCDと同じ値段がいいところでしょう。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36193/45199112

この記事へのトラックバック一覧です: 銀界/山本邦山+菊地雅章:

« Jungle/小曽根真 featuring No Name Horses | トップページ | スピリチュアル・ネイチャー/富樫雅彦 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Amazon検索

HMV検索

  • HMV検索
    検索する
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

メールアドレス

友人が運営しているサイト