私の運営するホームページ

掲示板

Twitter

無料ブログはココログ

« Under The Water/藤井郷子&Myra Melford | トップページ | Think/Paolo Fresu & Uri Caine »

2009/05/19

Secrets/Mark Feldman/Uri Caine/Greg Cohen/Joey Baron

Urisecret
Tzadikレーベルでのユダヤ音楽をジャズで演奏するアルバム。このレーベルユダヤ音楽の関連しているのもしていないものもありますが、すでに400枚以上アルバムをリリースしているんですね、しかも日本人のアルバムも多いこと。今日のアルバムはユダヤ音楽のトラディショナル集ですが、ジャズ方面で名前の知れわたった4人のメンバーが演奏しているので、やはり演奏としてはなかなかのものがあります。でも、サウンドに漂っている強い民族音楽の哀愁が好みかどうかによって、好き嫌いは出てくるんじゃないかな、とは思いますけど。なかなか興味深い演奏ではあるのですが。


Secrets/Mark Feldman(Vln)/Uri Caine(P)/Greg Cohen(B)/Joey Baron(Ds)(Tzadik)(輸入盤) - Recorded January 2008. - 1. Lubavitcher Nigun 2. Avinu Malkenu 3. Chabad Nigun 4. Z'chor Dovon 5. Satmar Rikud 6. Bobover Nigun 7. Kel Adon 8. Z'chor Hashem 9. Moditzer Nigun

(09/05/17)全曲ユダヤ関係のトラディショナル。編成からして、ジャズ的にドライヴすることもあれば、ユダヤ音楽の哀愁の強いメロディアスな感触もある、不思議な肌触りの音楽。ピアノ・トリオにヴァイオリンが加わっていて、余計に民族音楽的な要素を加えています。1、5曲目はアップテンポの4ビートで純ジャスの要素が強いですが、それでもユダヤ音楽が見え隠れしています。7曲目はフリー・ジャズ風の出だしかと思えば、哀愁バラードへの展開です。強力なメンバーではあるけれど、各曲のタイトルからしても、CDジャケットからしても、やはりユダヤ音楽+ジャズで聴く人の耳に届いてきます。ゆったりとしてエキゾチックな曲も、かの地に想いをはせるようなサウンドでせまってきます。でもやはり聴く人を選んでしまう音楽かも。

« Under The Water/藤井郷子&Myra Melford | トップページ | Think/Paolo Fresu & Uri Caine »

ジャズ」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

910さん、こんにちはmonakaです。
ユリが大好きなので、記事で知り、探してきました。
とても気に入っています。ユリのジャズピアノとところはすばらしいし、秘密めいたところもおもしろかったですね。
流行と絡めて記事にしましたのでTBさせていただきます。

>monakaさん

TBどうもありがとうございます。

このアルバムの前にソロピアノでユダヤミュージックを演奏しているのがあるのですが、その時のアルバムの印象も強烈でした。ましてや今回はジャズのメンバーでユダヤのトラディショナルを演奏、どうなるのかな、と気にしつつも、買ってから聴くまでに時間がかかってしまいました。

内容は、う~ん、なるほど。といったところでしょうか(笑)。

ユダヤ音楽というか、クレズマーとジャズが合わさったものが聞きたいな、と思って買いました。マーク・フェルドマンとジョーイ・バロンがそろっていれば外れはないだろうと。Tzadikにはめずらしく、ポップでノリノリのアルバムですね。

ぼくは気に入りました。
トラックバックします。

>けむさん

選曲が選曲なだけに、ちょっと間違えると怪しげな演奏になってしまうところ、さすがこのメンバー、うまい方向でサウンドをまとめてくれたと思います。ベースのグレッグ・コーエンもこちらサイドではよく名前が出てきますね。

こういうサウンドもなかなか面白いですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36193/45043619

この記事へのトラックバック一覧です: Secrets/Mark Feldman/Uri Caine/Greg Cohen/Joey Baron:

» 民族の鼓舞もしくはプロパガンダ SECRETS / Caine [JAZZ最中]
村上春樹の新しい小説「1Q84」を毎日読んでいるので、題名が村上春樹みたいになってしまいました。(ないか) ジョン・ゾーンがプロデューサーを務めるアルバムでマサダのリズム陣にユリが参加したとても個性の強いアルバムです。 ユリはどのようなスタイルでもこなすプレーヤーでショップに行けばいつも気にしています。 blog仲間の910さんのところでこのアルバムを見つけて探してきました。 1曲目軽快なユリのピアノがスタートし、コーエンのをウォーキングが小気味良いジャジーな曲ですが、バイオリンが入ると雰囲気... [続きを読む]

» [音楽][ジャズ][新譜]前衛レーベルからの洒脱なクレズマー・ジャズ - Feldman/Caine/Cohen/Baron [chilican はてな]
ジョン・ゾーンのTzadikレーベルにはいくつかのシリーズがあるが、「Radical Jewish Culture」シリーズはものによってはかなり激しく、なかなか聞くのは厳しい音楽で、買ったけど手放しちゃうなんてことがしばしばある。Tzadik自体がなかなかポップミュージックとして聞くに... [続きを読む]

« Under The Water/藤井郷子&Myra Melford | トップページ | Think/Paolo Fresu & Uri Caine »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Amazon検索

HMV検索

  • HMV検索
    検索する
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

メールアドレス

友人が運営しているサイト