私の運営するホームページ

掲示板

Twitter

無料ブログはココログ

« 筒井康隆文明 | トップページ | デマ/筒井康隆原作/市原宏祐原案/佐藤允彦作編曲 »

2009/05/10

家/筒井康隆/山下洋輔

Tsutsuiie
筒井康隆関連のアルバムの紹介は今日で4日目ですけど、手持ちではあと1枚あります。今日のCDも山下洋輔がらみなので、いちおうはジャズに分類。でも壮大な映画音楽が時おりあらわれるナレーションと交互に、あるいはバックに流れていく、という感じで、ジャズを期待すると肩透かしをくうかもしれません。でも、短編小説1編で、これだけのミュージシャンを集めて、こういうようなアルバムを作れた時代だったのだなあ、と改めて思います。それだけ筒井康隆人気もスゴいもの(今でもそうですが)だったのだなあ、と。このあたりのアルバム、よくぞ再発してくれました、という感じで、今後再発の可能性はきわめて低いと思います。ジャズかどうかという内容はともかく、気になった人は、今がチャンスかもしれません。


家/筒井康隆(ナレーション、他)/山下洋輔(P、他)(Super Fuji Disks) - Recorded Julu 28, 1975 - January 24, 1976. 伊勢昌之(G、他)、坂田明(As)、向井滋春(Tb)、高橋知己(Ts)、近藤俊則(Tp)、国吉征行(Fl)、望月英明(B)、大貫妙子(Vo)、寺尾次郎(B、Per、Cho)、村松邦男(G、Cho)、山川恵子(Harp)、柏原卓(P、Org、Per、Cho)、北沢康隆(Per、Cho)、黒川博(Per、Cho)、生田朗(Per、Cho)、鈴木利恵(Cho)、中沢まゆみ(Cho)、山田真理(レコーディング・コンパニオン)、宮坂剛(効果音)、タモリ(ナレーション他)、ストリングス - 1.海 2.月 3.嵐 4.家

筒井康隆の小説「家」に基づいて音楽化。4曲中、2曲目のみ伊勢昌之作、他は山下洋輔作。ナレーションよりは音楽がメインの感じで、静かな場面からドラマチックに盛り上がっていくところなど、なかなか音楽としても聴かせます。プログレッシヴ・ロックとの接点も少しあるような感じ。かなりの大編成で、大貫妙子や若き日のタモリの名前も見かけます。「家」という小説自体、シュールでミステリアスな部分を多く抱合しているので、その雰囲気に合わせたサウンドのようです。そしてほんの少しあらわれるフリージャズの展開。それにしても、壮大で、大作です。オーケストラとジャズの楽器で進んでいくような部分もあったり、いきなりナレーションや歌の登場になったりと、通常のジャズを期待するとだいぶ違う雰囲気にはなっています。(08年8月22日発売)

« 筒井康隆文明 | トップページ | デマ/筒井康隆原作/市原宏祐原案/佐藤允彦作編曲 »

ジャズ」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36193/44950489

この記事へのトラックバック一覧です: 家/筒井康隆/山下洋輔:

« 筒井康隆文明 | トップページ | デマ/筒井康隆原作/市原宏祐原案/佐藤允彦作編曲 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Amazon検索

HMV検索

  • HMV検索
    検索する
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

メールアドレス

友人が運営しているサイト