私の運営するホームページ

掲示板

Twitter

無料ブログはココログ

« デマ/筒井康隆原作/市原宏祐原案/佐藤允彦作編曲 | トップページ | チェイシング・シャドウズ/トニー・グレイ »

2009/05/12

テル・ミー・ア・ベッド・タイム・ストーリー/マーク・イーガン

Marktellme
バタバタしていて3月上旬に届いていたアルバムをやっとアップすることができます。マーク・イーガンが関係していたので購入したのですが、ある人からはジャケ買いか?と聞かれてしまいました(笑)。有名な曲ばかりで、しかもフュージョンタッチでの演奏なので、カチッとした感じもあって、好ましく聴けました。まあ、これは人選によるものが大きいと思いますが、フュージョンばかりではなくて、バラードや渋めな曲、ジャジーなものも入っていて、やっぱりこれはエレクトリック・ベースの幅広い表現力によるものが大きいのではないかなあ、なんて思っています。遅れて購入した国内盤です。


テル・ミー・ア・ベッド・タイム・ストーリー/マーク・イーガン(B)(Isol Discus Organization)
Tell Me A Bedtime Story/The Big Apple Super Session Vol.1 Hosted By Mark Egan(B)(Isol Discus Organization) - Recorded on December 15, 2005 and April 18, 2006. Eriko Akiya(P, Key), Lew Soloff(Tp on 1-2, 4-6, 8), Joel Rosenblatt(Ds on 1-2, 4-6, 8), Lionel Loueke(G on 3, 7, 9), Danny Gotlieb(Ds on 3, 7, 9) - 1. A Night In Tunisia 2. Movin' Wes 3. Blue In Green 4. Blue Bossa 5. In A Sentimental Mood 6. La Fiesta 7. How Insensitive 8. Tu Tu 9. Tell Me A Bedtime Story

ジャズメン・オリジナルやボサノバ系の曲を、割とシンプルな編成で、基本的にフュージョンのリズムで演奏。メンバーがメンバーなので、けっこうエキサイティングでもあり、楽しんで聴けるファンクという感じのサウンド。バラードや渋めの曲もあります。ルー・ソロフ参加のクァルテットが’05年の録音で、こちらは聴いてスッキリする比較的ストレートな表現。リオーネル・ルエケ参加のクァルテットが’06年の演奏で、こちらの曲の方が静かでジャジーな雰囲気です。マーク・イーガンの変幻自在なエレクトリック・ベースが全体のサウンドのキモかも。また、全面参加しているエリコ・アキヤという人は日本人ですが、なかなか堂々とした弾きっぷりで、このスゴいメンバーの中でも対等にやり合っています。いろいろな曲があって印象的です。(07年9月19日発売)

« デマ/筒井康隆原作/市原宏祐原案/佐藤允彦作編曲 | トップページ | チェイシング・シャドウズ/トニー・グレイ »

フュージョン・ファンク」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36193/44981123

この記事へのトラックバック一覧です: テル・ミー・ア・ベッド・タイム・ストーリー/マーク・イーガン:

« デマ/筒井康隆原作/市原宏祐原案/佐藤允彦作編曲 | トップページ | チェイシング・シャドウズ/トニー・グレイ »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Amazon検索

HMV検索

  • HMV検索
    検索する
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

メールアドレス

友人が運営しているサイト