私の運営するホームページ

掲示板

Twitter

無料ブログはココログ

« ジャズ大名サウンド図鑑 | トップページ | 家/筒井康隆/山下洋輔 »

2009/05/09

筒井康隆文明

Tsutsuibunmei
筒井康隆関連の音源があと何枚かあるので、まとめて紹介していきましょう。2曲目の朗読も、朗読ではあるけれど面白く、笑いの場面には、観客の笑いも入っていたりします。レアでもあるし、このアルバムを買う人もあまり多くないとは思うし、山下洋輔トリオファンにも難物なアルバムではあろうかとは思いますけど、こういう珍しいアルバム、好きなんだなあ。これを機会に入手しないと、次はいつ入手できるか、と思い、つい購入してしまいました。1曲目はなかなかドラマチックで、笑いの意味でもけっこう面白いです。もちろんフリージャズも聴ける場面もあります。う~ん、何と言ったらいいか。まあ、爆笑どころはいっぱいです。


筒井康隆文明(Super Fuji Discs) - ’78年発売。筒井康隆(作、朗読)、代志住正(朗読)、山下洋輔(P、Org、他)、坂田明(As、声、他)、小山勝太(Ds)、ラリー寿永(Per)、角張幸子(Vo)、特別出演:かんべむさし、堀晃、筒井倶楽部有志 - 1.バブリング創世記(「熊の木音頭」入り) 2.朗読「寝る方法」

1曲目がバブリング創世記(「熊の木音頭」入り)、2曲目(2作目)が朗読の「寝る方法」と、筒井康隆の小説がメインでアレンジが加わっているのですが、山下洋輔トリオが参加していて、何と初CD化なので、彼らのファンにはレアなアルバムが再発されたものだと思います。2つで42分ほどの長さ。特に1曲目は、やっぱり冗談音楽の類かな。コアなフリージャズとしても一部聴けるけど、朗読や歌(しかもこれは「熊の木音頭」で、素人っぽくて冗談度も高い)には、笑ってしまいます。バブリング創世記は時間的に全部の朗読ではないようです。そして、けっこうアレンジに緩急がついていて、飽きさせない展開と酔っ払いのような歌や叫び。いやー、シュールです。後半の朗読は、筒井康隆のみでの朗読ですが、声がいいですねえ。(08年7月4日発売)

« ジャズ大名サウンド図鑑 | トップページ | 家/筒井康隆/山下洋輔 »

ジャズ」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36193/44943087

この記事へのトラックバック一覧です: 筒井康隆文明:

« ジャズ大名サウンド図鑑 | トップページ | 家/筒井康隆/山下洋輔 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Amazon検索

HMV検索

  • HMV検索
    検索する
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

メールアドレス

友人が運営しているサイト