私の運営するホームページ

掲示板

Twitter

無料ブログはココログ

« クァルテット・ライヴ/ゲイリー・バートン&パット・メセニー | トップページ | 銀界/山本邦山+菊地雅章 »

2009/05/31

Jungle/小曽根真 featuring No Name Horses

Ozonejungle
No Name Horses名義のアルバムも3枚目になりました。ここで「小曽根真 featuring」となっているのは、彼の名前をつけるとより売れるのか、それともラテンの方に方向を変えたからなのか、理由はよく分かりません。ただ、ラテンとは言っても、織りなすビッグバンドサウンドは明るいイケイケ風よりも、陰影に富んだ内省的なサウンドも目立ちます。ラテン・ジャズの要素も大きいですが、クラシック的な部分も感じます。ビッグバンドはストレートなサウンドよりも、どこか屈折したサウンドの方が好きなので、こういう表現、いいですねえ。もちろんメンバーの演奏の難易度は高そうですが。変化に富んでいるアルバムです。


Jungle/小曽根真(P) featuring No Name Horses(Verve) - Recorded March 2-5, 2009. エリック宮城(Tp、Flh)、木幡光邦(Tp、Flh)、奥村晶(Tp、Flh)、岡崎芳朗(Tp、Flh)、中川英二郎(Tb)、片岡雄三(Tb)、山城純子(Btb)、近藤和彦(As、Fl、Ss、Pcc)、池田篤(As、Fl)、三木敏雄(Ts)、岡崎正典(Ts、Cl)、岩持芳宏(Bs、Cl)、中村健吾(B)、高橋信之介(Ds)、ゲスト:パーネル・サトゥニーノ(Per) - 1. Jungle 2. Coconuts Meeting 3. No Siesta 4. Cave Walk 5. Safari 6. B & B 7. Moon Flower 8. La Verdad Con Los Caballos 9. Oasis

小曽根真作が9曲中6曲(1-4、6、9曲目)で、他の3曲もメンバーの作曲。今回のアルバムは小曽根真の名前が前面に出たラテン・ジャズのアルバム。とはいうものの、特に1曲目は、けっこうアレンジも凝っていて、シリアスな部分も多く感じます。それでいて3曲目など、明るいイケイケのラテンの部分も持ち合わせている曲もあります。それでも複雑なアレンジやキメを随所に感じ、このバンドらしく、一筋縄ではいかないサウンド。しかもかなりダイナミックレンジの広い、ドラマチックな展開です。4曲目は7拍子でほの暗い雰囲気で中盤は4拍子の盛り上がりのある曲。5曲目は6拍子のなぜかアフリカンなサウンド(タイトルは「サファリ」)。しっとり系のバラードと思いきやドラマチックな高まりも見せる7曲目。ラスト9曲目はボッサ。(09年5月20日発売)

« クァルテット・ライヴ/ゲイリー・バートン&パット・メセニー | トップページ | 銀界/山本邦山+菊地雅章 »

ジャズ」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36193/45186664

この記事へのトラックバック一覧です: Jungle/小曽根真 featuring No Name Horses:

« クァルテット・ライヴ/ゲイリー・バートン&パット・メセニー | トップページ | 銀界/山本邦山+菊地雅章 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Amazon検索

HMV検索

  • HMV検索
    検索する
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

メールアドレス

友人が運営しているサイト