私の運営するホームページ

掲示板

Twitter

無料ブログはココログ

« ジャズ・イン・ザ・ガーデン/スタンリー・クラーク・トリオ/上原ひろみ/レニー・ホワイト | トップページ | J.S. Bach/Till Fellner/Invention Und Sinfonien/Franzosische Suite 5 »

2009/04/20

ジャズ・アダージョ/リッチー・バイラーク

Richiejazz
久しぶりのリッチー・バイラークのソロ・ピアノのアルバム。ソロ・ピアノという形態はECMで最初に経験したことが原因か、基本的にスウィンガーは苦手で、一昨日紹介したジョン・テイラーとかクラシックの感触を持つような、ヨーロピアン系のサウンドが好みです。バイラークはガンガン攻めようと思えば出来る人ですけど、ここではしっとりと聴かせる方に軸足を置いています。クラシックの曲も多く、インプロヴィゼーションとの境が分からないですが、こういう感じ、いいですねえ。ほんの少しだけ力強い部分が出てきますけど、ジャマにはならず、15曲の旅の起伏という感じです。オビにもあるように「癒し」の要素はあるかもしれません。


ジャズ・アダージョ/リッチー・バイラーク(P)(Venus)
Jazz Adagio/Richie Beirach(P)(Venus) - Recorded August 18 and 19, 2008. - 1. Adagio - Piano Concerto In A Minor KV488 2. Children's Song No.1 3. Lucky To Me Me 4. Musica Callada No.22 5. Cossak's Farewell 6. Short Prelude No.4 7. For All We Know 8. Melody Eternal 9. Lost In The Stars 10. Prelude No.4 11. My Funny Valentine 12. Ballad For Bill Evans 13. I'll Take Romance 14. Moon River 15. Adagio Reprise

ソロ・ピアノのアルバム。リッチー・バイラーク作が2曲(8、12曲目)で、クラシックの曲の割合も多め。他はトラディショナルやスタンダードなど。しっとりと繊細に続くのかと思ったら、クリアーながらも骨太に盛り上がっていくような力強い場面もあったりして、ヴィーナスのハイパーマグナムサウンドによる影響かもしれません。繊細な場面は、インプロヴィゼーションで弾いていることも多いのでしょうが、クラシック的な感触があります。75分で15曲の長尺なアルバムだけれども、表現力のあるピアニストなので、飽きずに聴かせてくれます。ヴォリュームを絞るとBGM的にもいいかもしれないし、じっくりと聴きこむのにもいい。スウィングはしないので、なぜかヨーロッパ的な感触がありますが、時にきらびやかに響くサウンドが印象的。(09年3月18日発売)

« ジャズ・イン・ザ・ガーデン/スタンリー・クラーク・トリオ/上原ひろみ/レニー・ホワイト | トップページ | J.S. Bach/Till Fellner/Invention Und Sinfonien/Franzosische Suite 5 »

ジャズ」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36193/44718659

この記事へのトラックバック一覧です: ジャズ・アダージョ/リッチー・バイラーク:

« ジャズ・イン・ザ・ガーデン/スタンリー・クラーク・トリオ/上原ひろみ/レニー・ホワイト | トップページ | J.S. Bach/Till Fellner/Invention Und Sinfonien/Franzosische Suite 5 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Amazon検索

HMV検索

  • HMV検索
    検索する
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

メールアドレス

友人が運営しているサイト