私の運営するホームページ

掲示板

Twitter

無料ブログはココログ

« Ambrose Field/Being Dufay/John Potter | トップページ | Touching On/Allan Holdsworth Session »

2009/02/28

Velvet Darkness/Allan Holdsworth

Allanvelvet
アラン・ホールズワースの共演・参加作のコメント手直しは終わっているのですが、リーダー作の手直しはこれを含めてあと12枚残っています。ホームページには11年前のアルバムコメントから最近のものまで掲載されているので、初期のものは特に拙く、早く直してしまいたいと思っても、まだ千枚以上残っています(笑)。まあ、ゆっくりやることにしましょう。彼の初リーダー作が、このCTIレーベルからというのも意外なことでしたけど、内容はいつもの彼ですね。ベースがアルフォンソ・ジョンソン参加ということで、フュージョン(クロスオーヴァー)に振れていますけど。リーダー作だけでなくて、彼の参加アルバムを時系列的に聴いていくと、なるほど、と思うこともあります。


Velvet Darkness/Allan Holdsworth(G, Vln)(CTI) - Recorded May and June 1976. Alan Pasqua(P), Alphonse Johnson(B), Narada(Ds) - 1. Good Clean Filth 2. Floppy Hat 3. Wish 4. Kinder 5. Velvet Darkness 6. Karzie Key 7. Last May 8. Gattox

最初のリーダー作は何とCTIからでしたが、全曲アラン・ホールズワースの作曲、しかもレーベルにあまりなじみのないメンバーでの4人だけの録音というのはこのレーベルでは珍しいです。本人は非常に不満足だったそうです。ここではアルフォンソ・ジョンソンのフレットレス・ベースがバカテクでスゴいです。ギンギンのロックの場面もありますけど、ハードコア・フュージョンやファンクの部分もあるアルバム。ただ、ギターとしては、思い切りの良いスピーディなフレーズもあって個性的な部分も持っていたにしろ、サウンド的にはこれだ、という部分は強くないかな、という印象もあります。2、4、7曲目ではアコースティック・ギター(多重録音も)を披露していて、意外に繊細な面ものぞかせています。でも、全8曲で30分は短いですね。

« Ambrose Field/Being Dufay/John Potter | トップページ | Touching On/Allan Holdsworth Session »

フュージョン・ファンク」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36193/44203116

この記事へのトラックバック一覧です: Velvet Darkness/Allan Holdsworth:

« Ambrose Field/Being Dufay/John Potter | トップページ | Touching On/Allan Holdsworth Session »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Amazon検索

HMV検索

  • HMV検索
    検索する
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

メールアドレス

友人が運営しているサイト