私の運営するホームページ

掲示板

Twitter

無料ブログはココログ

« Heavy Machinery/Anders Johansson, Jens Johansson & Allan Holdsworth | トップページ | About Time/Paul Bley »

2009/01/24

Tears/Paul Bley

Paultears
ちょっとしたきっかけで、ポール・ブレイの輸入盤でしか出ていないものを集めようと思い、注文。通販のリストにはかなりの枚数が掲載されていました。でも、いざ注文してみると、なかなか入荷せずに入手困難になってしまうCDがけっこうあることに気がつきました。例えばまだ注文してないですけど、Steeple Chaseレーベルで手持ちでないものが10枚あるのですが、この中で一体何枚入手できるのかやってみなければ分からず、不安です。彼のCDは参加作も含め現在手持ちは61枚。ソロなら半日もあれば一発勝負でアルバム分録音できてしまう彼のこと、おそらく膨大な数のアルバムを発売しているのだと思います。


Tears/Paul Bley(P)(Owl)(輸入盤) - Recorded May 19, 1983. - 1. Tears 2. Ostinato 3. Music Matador 4. Walkman 5. Flame 6. Hardly 7. Head Over Heels 8. Solo Rose 9. For Roy E.

(09/01/18)ソロ・ピアノの即興演奏でしょうが、全曲ポール・ブレイのクレジット。相変わらず硬質でありながらメロディアス、しかもドシャメシャにはならないペースは彼ならではのものがあります。突き刺さってくるようでいて、間もあいたり、表現をいろいろ変えつつ聴く人の心にせまってきます。ある意味ピアノでのフリー・インプロヴィゼーション(というより心象風景の音としての具現化か)の完成形がここにあるようです。3曲目は表情を変えていきつつも出だしのところは明るい牧歌的な雰囲気もそなえていて、くるくる変わるサウンドカラーが面白い。それにしても、淡々と音が紡がれていき、自然なメロディの流れと、適度な間が、そこにはあります。気をそらしても邪魔にはならず、真剣に聴こうと思えば聴ける、そんなアルバム。

« Heavy Machinery/Anders Johansson, Jens Johansson & Allan Holdsworth | トップページ | About Time/Paul Bley »

ジャズ」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36193/43775452

この記事へのトラックバック一覧です: Tears/Paul Bley:

« Heavy Machinery/Anders Johansson, Jens Johansson & Allan Holdsworth | トップページ | About Time/Paul Bley »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Amazon検索

HMV検索

  • HMV検索
    検索する
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

メールアドレス

友人が運営しているサイト