私の運営するホームページ

掲示板

Twitter

無料ブログはココログ

« Stich Wynston's Modern Surfaces With Special Guest Paul Bley | トップページ | Memoirs/Paul Bley/Charlie Haden/Paul Motian »

2009/01/29

Notes/Paul Bley/Paul Motian

Paulnotes
ポール・ブレイの旧譜聴き2日目。当時は国内盤でもけっこうポール・ブレイのCDが出ていたのですが、このソウル・ノートなどは輸入盤でしか出ていませんでした。ですので、当時はネット通販もなかったため輸入盤を扱うCDショップに行かなければ、情報を得ることがなかなかできなかったので、最近になって注文した次第です。ポール・ブレイとポール・モチアンの組み合わせはなかなか興味深いです。ジャズファンのモチアンの演奏に対する好き嫌いは人によって大きいですが、まあ、ヘタウマに聴こえる時もあれば、ナイスサポートと思うときもあるし、一流のミュージシャンが起用しているので、間違いはないと思います。私は個性的で好きなんですが。


Notes/Paul Bley(P)/Paul Motian(Per)(Soul Note)(輸入盤) - Recorded July 3 and 4, 1987. - 1. Notes 2. Batterie 3. Piano Solo No.1 4. West 107th Street 5. Just Us 6. No.3 7. Turns 8. Ballad 9. Excerpt 10. Love Hurts 11. Inside 12. Finale 13. Diane

(09/01/25)カーラ・ブレイ作の2曲目、ポール・モチアン作の4-5曲目、スタンダードの13曲目以外はポール・ブレイ作曲。それぞれのソロの曲もあって、静けさや緩急のつけ方、間の取り方などが相変わらずうまいデュオでの演奏。緊張感と安らぎと、うまくバランスをとったようなサウンドは、マニアックながら聴く人の心の奥に届いてきます。けっこうメロディアスでゆったりと進行する場面もあれば、フリー・ジャズ的にギャロンギャロンとある程度盛り上がる場面もあって、なかなか変化に富んでいます。モチアンのドラムスなので、あまりでしゃばることなく、適度なアクセントをつけてくれます。またブレイの引き出しは非常に多彩で、次から次へといろいろなサウンドが飛び出してきます。モチアンのドラムスはやっぱりかなり個性的。

« Stich Wynston's Modern Surfaces With Special Guest Paul Bley | トップページ | Memoirs/Paul Bley/Charlie Haden/Paul Motian »

ジャズ」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36193/43850681

この記事へのトラックバック一覧です: Notes/Paul Bley/Paul Motian:

« Stich Wynston's Modern Surfaces With Special Guest Paul Bley | トップページ | Memoirs/Paul Bley/Charlie Haden/Paul Motian »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Amazon検索

HMV検索

  • HMV検索
    検索する
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

メールアドレス

友人が運営しているサイト