私の運営するホームページ

掲示板

Twitter

無料ブログはココログ

« ホワイト・エレファント/マイク・マイニエリ&フレンズ | トップページ | Hemispheres/Jim Hall & Bill Frisell »

2009/01/11

Live In Italy/Seamus Blake

Seamuslive
いつもだったらホームページで特集しているミュージシャン追っかけかレーベル追っかけで、そのどちらにも当てはまらないアルバムはなかなか買わないのですが、このアルバム、メンバーに興味があったのと2枚組にしては割と安かったので買ってみました。今はシーマス・ブレイクはけっこう旬で、かなりいい演奏を聴かせてくれます。ピアノがデヴィッド・キコスキーというのもマル。イタリアでのライヴで、1曲が10分以上のものが多いですけど、一気に聴かせてくれた感じです。マイケル・ブレッカー亡き今、彼らの世代が今後のテナーサックスを背負っていくのだなあ、と改めて実感しました。


Live In Italy/Seamus Blake(Ts)(Music Eyes)(輸入盤) -Recorded February 2007. David Kikoski(P), Rodney Green(Ds), Danton Boller(B) - 1. The Jupiter Line 2. Way Out Of Willy 3. String Quartet In G Minor 4. Fear Of Roaming 5. The Feeling Of Jazz 6. Spacing 7. Ladeirinha 8. Darn That Dream 9. Dance Me Home

(09/01/10)シーマス・ブレイクのライヴで、10分を超える長尺な演奏が多いCD2枚組。彼の作曲は1-2、4曲目。荘厳でモーダル、スピリチュアル、ドラマチックなドビュッシー作の3曲目、デューク・エリントン作の5曲目、ジャヴァン作の7曲目、スタンダードのバラードの8曲目、ジョン・スコフィールド作の9曲目。4曲目までのCD1枚目が現代ジャズを感じさせている非4ビート(4曲目は4ビート)でシリアス、2枚目が安心感をもたらすオーソドックスな演奏(6、9曲目は割とシリアス)になっています。どちらの演奏も今を感じさせるサウンドには違いありません。1曲目から「今」で飛ばしている感じで、緊張感のある迫力ある演奏です。6拍子の2曲目はサックスに時々エフェクターもかけてます。7曲目のワルツは哀愁がありますね。

« ホワイト・エレファント/マイク・マイニエリ&フレンズ | トップページ | Hemispheres/Jim Hall & Bill Frisell »

ジャズ」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

こちらからもTBさせていただきました。

曲数が少ないのと演奏内容が良いおかげで、2枚通して聴いても全然長く感じませんでしたね。
値段も安いし買って大正解だったです。
というかシーマスとキコスキーなので、高いとしても買わないわけはないのですが(笑)。

>naryさん

TBどうもありがとうございます。

このアルバムは周りの情報から予約注文してみたので、やっぱり前評判が良いアルバムは買って正解、ということが多いなあ、と実感しています。

あまり先端すぎずに、いい塩梅で現代のジャズをいろいろな角度から聴かせてくれるアルバムだと思いました。長いと思わせないところがいいですね。

TBありがとうございます。逆TBさせていただきます。

昨日、今日と古い寺島本(新書)を眺めていたら、Seamus Blakeはイモなんて記載を見つけてニヤニヤしていたのですが、それだけ成長著しいってことなんでしょうね。

この盤は、良いSeamus Blakeが堪能できました。

>oza。さん

TBどうもありがとうございます。

寺島さん、そんなことを書いていたのですか。でもこのアルバムもあまり寺島さん好みではないような気もするので、今でも印象はあまり変わらないんじゃないかな?

このメンバー(特にフロント)なら、悪かろうはずがないと思って買ってみて、正解でした。

Peopletimeのなおきです。ご無沙汰しております。最近は旧譜ばかり聴いてて、なかなかコメント等もできず申し訳ありません。

ちょうどSeamusの記事をupしましたのでTBさせて頂きます。最近のSeamusはホントすごい勢いですね。Liftを出した頃のChriss Potterを思い出してしまいます。

今後とも宜しくお願い致します。

>なおきさん

TBどうもありがとうございます、っと、何かの不具合でTB入ってないみたいですね。またお時間あるときにTBトライいただければ幸いです。

シーマスのこの2枚組、けっこう良かったですね。時間を気にせず一気に聴けてしまいました。たまたまなんですが、買ってみて良かった1枚です。

またよろしくお願いします。

910さん、はじめまして。
『 雨の日にはジャズを聴きながら 』 というブログを
開設してます Criss と申します。
ずっと以前から拝見させていただいていますが、
コメントを入れるのは初めてです。
910さんのアーカイブの豊富さは、日本一であると
常々感心しております。
幾度となく資料として活用させていただいています。
このシーマスのライブ盤の感動を皆さんと
共有したく、勇気を出してTBさせていただきまました。
正直、今までもたびたびTBしようかと思うことが
あったのですが、なにせ、910さんは、この世界では
オーソリティーですので、二の足を踏んでいました。
もしよろしければ、今後ともよろしくお願いいたします。

P.S. Gong の『 Gazeuse 』やブラッフォードの『 Fells Good To Me 』
など、とっても懐かしくなり、久しぶりに棚から取り出して今、聴いています。

>Crissさん

どうも、はじめまして、というより、お知り合いのコメントでニアミスけっこうしていますね。Crissさんのブログも訪問させていただいたこと、何度もあります。

過分にお褒めいただき、恐縮ですが、私の場合、コメントが短めなので、書くのはあまり負担がかからなかったりします。何でも集めてしまう、言わば、引きこもり系ジャズCDファンとでも申しましょうか。フツーのジャズ(ちょっと変わり者ですが)ですので、お気軽にお付き合いいただければ、幸いです。

このアルバム、長い割には珍しく何度も聴けていいアルバムでした。

こちらからもリンクを張らせていただきますので、今後ともよろしくお願いします。

工藤さん,こんにちは。当方ブログへコメント,TBありがとうございました。

私も皆さんの評価を拝見しながら,このアルバムを買ったわけですが,自分だけの判断だけでは買っていなかったかもしれません。

皆さんの審美眼に依存することが多くなってきた今日この頃です。そう言えばジャズ系のCDショップへ行く機会が減っている(出張続きで時間がありません)のも,そうした依存度を高める一因かもしれません。

こちらからもTBさせて頂きました。

>中年音楽狂さん

TBどうもありがとうございます。

このアルバム、コメントやTBのつく件数が、リーダーの知名度に比べて多いところをみると、やっぱりこういうのがブログの口コミ効果かな、と思っています。値段も2枚組にしては手ごろでしたし。

私もこのところほとんど通販です。自分が追いかけているミュージシャン以外は、やはりお知り合いのブログで自分の好きそうなCDを選んでいく、というパターンが増えてきました。

わたくしも、皆さんの評判をみていて、、
どうしても、聴きたくなったクチです。

遅まきながら、大変面白かったので、トラバしました。

>スズックさん

TBどうもありがとうございます、と思ったら要承認のところにも入っていませんでした。お手数かけて申し訳ありませんが、お手すきの時にでも、もう一度トライしてみてください。よろしくお願いします。

一見、あまり有名でもなく地味なアルバムのようにも見えますが、これだけのコメントとトラックバックが入っているので、マニアックなジャズファンに好かれるアルバムなんでしょうね。やっぱりいいです、これ。

もう一度、、トライしてみました。。
駄目かな。

>スズックさん

今度は2つとも入りました。
どうもありがとうございます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36193/43698205

この記事へのトラックバック一覧です: Live In Italy/Seamus Blake:

» seamus blake Live In Italy [JAZZとAUDIOが出会うと...?]
seamus blakeと言うと、最近ではSam Yahel Jazz Side of the Moon、Tal Wilkenfeld Transformationsなんてあたりで見かけた名前なのですが、実は特に意識して聴いていた記憶はなくて、名前だけは何となく覚えていたって程度だったのですが、なぜかこの盤は買ってしまったのでありました。 メンツは以下の通りで、特にこの人がいるなら買いって感じでもないですし.. Seamus Blake(t..... [続きを読む]

» Live in Italy / Seamus Blake (ts) [Peopletime]
振り返ってみると、2008年はSeamus Blakeにとってターニングポイントの年だった。 まず印象に残ったのが、サイドマンとして参加したJoel Haynes(ds)の"Transitions"、Tal Wilkenfeld(b)の"Transformation"の2枚。いずれも08年リリースの作品だ。これらの作品での主役を喰....... [続きを読む]

» テンション高く突っ走るSeamus Blake [中年音楽狂日記:Toshiya's Music Bar]
Live in Italy Seamus Blake Quartet (Jazz [続きを読む]

» LiveInItaly/SeamusBlake [MySecretRoom]
地球から眺めた時に、夜空に大きく君臨するのは月ですが、太陽系の中でばかでかい惑星は木星。その大きさ、質量、ヘンなしましま模様、、どれをとってもチョーー魅惑的個性的です。映画の2001年宇宙の旅では、木星に向かって旅しますよねぇ。。子供の頃読んだ本では、...... [続きを読む]

« ホワイト・エレファント/マイク・マイニエリ&フレンズ | トップページ | Hemispheres/Jim Hall & Bill Frisell »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Amazon検索

HMV検索

  • HMV検索
    検索する
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

メールアドレス

友人が運営しているサイト