私の運営するホームページ

掲示板

Twitter

無料ブログはココログ

« アゲイン・アンド・アゲイン/チック・コリア | トップページ | Don Cherry/Nana Vasconcelos/Collin Walcott/The Codona Trilogy »

2008/12/23

スーパースター・スーパーライヴ

Alivemuth
11月にソニーから「スーパー・プレミアム・シリーズ Vintage in 70's」というシリーズで10枚CDが出て、いずれも’70年代の録音で、全てが世界または日本初CD化というもの。同じ有名盤ばかり再発していることが多い国内盤業界にはうんざりしていたので、このシリーズのうち4枚に飛びつきました。今日紹介するアルバムはメンバーも豪華だし、ギターにスティーヴ・カーンが入っているということでセレクト。まだ’80年代「アイウィットネス」時代の淡い調子のギターではありませんが、ここでのストレートなギターもけっこうイケます。そしてメンバーの豪華なこと。パワフルな曲はかなりパワフルですね。


スーパースター・スーパーライヴ(Sony)
Alivemutherforya(Sony) - Recorded December 1977. Billy Cobham(Ds, Per), Alphonso Johnson(B), Steve Khan(G), Tom Scott(Ts, Ss, Lylicon, Per), Mark Soskin(Key) - 1. "Anteres" - The Star 2. Bahama Mama 3. Shadows 4. Some Punk Funk 5. Spindrift 6. On A Magic Carpet Ride

邦題「スーパースター・スーパーライヴ」。当時のオールスターでの演奏。それぞれが曲を持ち寄っていて、ビリー・コブハム作は1、6曲目、アルフォンソ・ジョンソン作は2曲目、トム・スコット作は3、5曲目、スティーヴ・カーン作は4曲目。ライヴなだけに、パワフルな演奏もメロディアスな演奏もいい感じ。ラテンビートの部分もある突き進むファンクの1曲目、何となくウェザー・リポート的な明るく大らかな曲で、その上をソロ楽器が舞う2曲目、メロディアスなサックスが泣けてくる雰囲気のバラードの3曲目、重量級のファンク・サウンドだけれどウキウキするような流れもある4曲目、ジャジーな4ビートの部分もあって、メロディアスだけど中盤はラテン的にかなり盛り上がる5曲目、速いパッセージのアップテンポのファンクで攻める6曲目。(08年11月26日発売)

« アゲイン・アンド・アゲイン/チック・コリア | トップページ | Don Cherry/Nana Vasconcelos/Collin Walcott/The Codona Trilogy »

フュージョン・ファンク」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36193/43504984

この記事へのトラックバック一覧です: スーパースター・スーパーライヴ:

« アゲイン・アンド・アゲイン/チック・コリア | トップページ | Don Cherry/Nana Vasconcelos/Collin Walcott/The Codona Trilogy »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Amazon検索

HMV検索

  • HMV検索
    検索する
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

メールアドレス

友人が運営しているサイト