私の運営するホームページ

掲示板

Twitter

無料ブログはココログ

« Gloomy Sunday/矢野沙織 | トップページ | ダブル・トラブル/テツジーノ »

2008/12/07

Bernd Alois Zimmermann/Canto Di Speranza

2074
20世紀ドイツの現代音楽。現代音楽も骨があっていいものもありますけれど、自分にはなかなか慣れない部分もありますね。でも聴いてしまいますが。

Bernd Alois Zimmermann/Canto Di Speranza(ECM New Series 2074)(輸入盤) - Recorded May 2005. Thomas Zehetmair(Vln), Thomas Demenga(Cello), Gerd Bockmann(Narration), Robert Hunger-Buhler(Narration), Andreas Schmidt(Bass), WDR Sinfonieorchester Koln, Heinz Holliger(Cond) - 1-3. Konzert 4. Canto Di Speranza 5. Ich Wandte Mich Und Sah An Alles Unrecht, Das Geschah Unter Der Sonne

(08/12/06)Bernd Alois Zimmermannは20世紀ドイツの現代音楽家。オーケストラとの共演で、1-3曲目がヴァイオリン、4曲目がチェロ、5曲目はナレーションとバス(ヴォーカル)をフィーチャーした曲です。1-4曲目が’50年代5曲目が亡くなる’70年の作曲。ほんの少しクラシック感も残しつつ、現代音楽の特徴をけっこう前面に出している50年代の曲と、36分にもわたり2人のナレーションとバスが主役の、オペラのようなラストの曲。

« Gloomy Sunday/矢野沙織 | トップページ | ダブル・トラブル/テツジーノ »

ECM2051-2101番」カテゴリの記事

ECMレーベル」カテゴリの記事

クラシック・現代音楽」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36193/60509862

この記事へのトラックバック一覧です: Bernd Alois Zimmermann/Canto Di Speranza:

« Gloomy Sunday/矢野沙織 | トップページ | ダブル・トラブル/テツジーノ »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Amazon検索

HMV検索

  • HMV検索
    検索する
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

メールアドレス

友人が運営しているサイト