私の運営するホームページ

掲示板

Twitter

無料ブログはココログ

« Life's Backward Glances - Solo And Quartet/Steve Kuhn | トップページ | Full Contact/Daniel Humair/Joachim Kuhn/Tony Malaby »

2008/11/24

ロード・ショウズVol.1/ソニー・ロリンズ

Sonnyroad1
ソニーロリンズの未発表ライヴ集で、演奏は’80年から’07年にかけての長い期間の録音を、録音時期をシャッフルして聴かせています。でも、彼のワン・アンド・オンリーの演奏は、長い年月を経ても、変わったなと思わせるところがなくて、そのまま一気に時間を超えて、1枚のアルバムとして通して聴かせてしまいます。まあ、ベースがエレキ・ベースの曲が多かったり、かなり明るい曲が多かったりと、好みの問題はあるかと思いますけど。こういうタイプのサックスって、特に最近はあまり耳にすることがないので、やっぱり今でも自分にとっては昔から追いかけているミュージシャンのひとりです。


ロード・ショウズVol.1/ソニー・ロリンズ(Ts)(EmArcy)
Road Shows, Vol.1/Sonny Rollins(Ts)(EmArcy) - Recorded 1980, 1086, 2000, 2006 and 2007. Clifton Anderson(Tb), Mark Soskin(P), Bobby Broom(G), Jerome Harris(B), Al Foster(Ds), Bob Cranshaw(B), Victor Lewis(Ds), Kimati Dinizulu(Per), Stephen Scott(P), Perry Wilson(Ds), Victor See-Yuen(Per), Steve Jordan(Ds), Christian McBride(B), Roy Haynes(Ds) - 1. Best Wishes 2. More Than You Know 3. Blossom 4. Easy Living 5. Tenor Madness 6. Nice Lady 7. Some Enchanted Evening

’80年から’07年までにかけてのライヴ録音(’80年、’86年、’00年、’06年、’07年)で、未発表の音源とのこと。27年間も時間差があるのに、その時間の流れを感じさせない、どこまでもソニー・ロリンズの曲が71分で7曲。ロリンズの作曲は7曲中4曲(1、3、5-6曲目)。サイドのメンバーが誰であっても、バップと言うよりはメロディと手癖(?)で聴かせてしまう、ロリンズの個性をこれでもか、とグイグイ押してくるような感じです。そして、メチャメチャ明るいサウンド中心でも、3曲目のようにアップテンポでのマイナーのサンバも。バリバリの曲もいいですが、2、4曲目のようなバラードも、時々力技に持って行くところなど、いい感じです。ラスト7曲目はピアノレス・トリオ(アコースティック・ベース)で淡々と進行していきます。(08年10月15日発売)

« Life's Backward Glances - Solo And Quartet/Steve Kuhn | トップページ | Full Contact/Daniel Humair/Joachim Kuhn/Tony Malaby »

ジャズ」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

910さん、こんにちはmonakaです。
普段はめったに手にも取らないアルバムを購入しました。
内容はいつものものと違うので、記事は曖昧(いつもだけど)ですが、TBさせていただきます。

>monakaさん

TBどうもありがとうございます。

monakaさんの好みからすると、ちょっと異色なアルバムですね。でも、彼のマイペースなところが好きでもあるんですよ。何年経っても変わらないし、フレーズもワン・アンド・オンリーで男性的というか。ただ、毎回アルバムを追いかけていると、やっぱり大いなるマンネリ、という部分もちょっとありますね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36193/43200672

この記事へのトラックバック一覧です: ロード・ショウズVol.1/ソニー・ロリンズ:

» 元気の元 Road Shows Vol.1 Sonny Rollons [JAZZ最中]
JAZZのアルバムを随分長い間買ってきましたが、ロリンズのアルバムを買った記憶は随分昔にしかありません。それこそサキコロ、とかアルフィーとかインパルスの頃で終わっていました。 日本にもいらっしゃるロリンズはもういいお年で、聴きにいこうとは思いませんでしたが、ライブの演奏を集めたものが発売され、たまにはというか、お年も考えて今かと購入してみました。 1980年から2007年までのロリンズ、ライブの吹きまくり状況という感じです。 昔から感じるのですが、ロリンズってサイドマンにあまり気を配らないとい... [続きを読む]

« Life's Backward Glances - Solo And Quartet/Steve Kuhn | トップページ | Full Contact/Daniel Humair/Joachim Kuhn/Tony Malaby »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Amazon検索

HMV検索

  • HMV検索
    検索する
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

メールアドレス

友人が運営しているサイト