私の運営するホームページ

掲示板

Twitter

無料ブログはココログ

« サマー・スイート/藤井郷子オーケストラ・ニューヨーク | トップページ | Hidden Treasures/Gary Smulyan »

2008/11/08

For Now And Forever/トヌー・ナイソー・トリオ

Tonufornow
毎月出ている澤野工房のアルバムも、1ヶ月以上遅れて紹介しています。やっと手持ちの国内盤で9月分が終了。10月はたまたま通販で揃ったものが多く、ドカッと送られてきたので、久しぶりにブログの更新頻度を高めたにも関わらず、追いついていない状況です(笑)。ブログに出さなければいいのでは、と思われるかもしれませんけど、これが生活習慣になっているので、いやはや何とも(笑)。トヌー・ナイソーは繊細なだけではなくて饒舌な部分も多く、割と好きなピアニストです。澤野工房は量産体制に入ってしまいましたが、まだ他レーベルとは一線を画しているようなところもあると思います。


For Now And Forever/トヌー・ナイソー(P)・トリオ(澤野工房)
For Now And Forever/Tonu Naissoo(P) Trio(Atelier Sawano AS082) - Recorded June 16 and 17, 2008. Taavo Remmel(B), Ahto Abner(Ds) - 1. Frank Mills 2. Rhythm-A-Ning 3. Along Came Betty 4. Yourself 5. Turning Point 6. Un Poco Loco 7. Little Waltz 8. The Sweetest Sounds 9. I Lobe You, Porgy

トヌー・ナイソー作は2曲(4-5曲目)。ヨーロッパ的ながら繊細な面と力強い面とがあり、多様な引き出しを持っている人。牧歌的で明るい8ビートのポップスのようなメロディアスな1曲目、セロニアス・モンクの曲をそれっぽいけどスマートかつスリリングに演奏していく2曲目、ちょっと渋めでややアップテンポの4ビートも健康的に聴こえる3曲目、ややゆったりした、浮遊感を伴うコード進行のポップス的な4曲目、煽り立てるようなそうでもないようなリズムに乗ってピアノが饒舌に語りかける変幻自在な5曲目、バド・パウエル作も彼流に軽がると演奏してしまう6曲目、静かで哀愁のある短調のワルツの7曲目、バリバリとピアノが語りかけてきてアップテンポがメインで進む8曲目、しっとりしたバラードを奏でつつ音数は多めの9曲目。(08年9月26日発売)

« サマー・スイート/藤井郷子オーケストラ・ニューヨーク | トップページ | Hidden Treasures/Gary Smulyan »

ジャズ」カテゴリの記事

澤野工房」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36193/43045805

この記事へのトラックバック一覧です: For Now And Forever/トヌー・ナイソー・トリオ:

« サマー・スイート/藤井郷子オーケストラ・ニューヨーク | トップページ | Hidden Treasures/Gary Smulyan »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Amazon検索

HMV検索

  • HMV検索
    検索する
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

メールアドレス

友人が運営しているサイト