私の運営するホームページ

掲示板

Twitter

無料ブログはココログ

« Live At Belleville/Arild Andersen | トップページ | ガソリン価格の推移(ハイオク) »

2008/10/29

ブラック・ナルシサス/ジョー・ヘンダーソン

Joeblack
以前にジョー・ヘンダーソンのマイルストーン・レーベルのBOXセットが発売されていたときは収録されていたのですが、発売時のフォーマットではこれが世界初CD化だそうです。まあ、当時のジャズ状況を反映してか、モーダルでスピリチュアルな面、曲によってはエレクトリックなファンクの面を見せながら、今からするとちょっと古いサウンドと感じさせるようなアルバムではあります。ある意味、やっとCD化されたなりのわけがあるというか。でも、ここでのヨアヒム・キューンは恐ろしいほどに飛ばしまくりでフレーズを弾いています。実は彼の演奏が目当てでこのアルバムを買いました。内容的には好き嫌いが出てくるとは思うのですが。


ブラック・ナルシサス/ジョー・ヘンダーソン(Ts、Synth)(Milestones)
Black Narcissus/Joe Henderson(Ts, Synth)(Milestone) - Recorded October 1974 and April 1975. Joachim Kuhn(P on 1-3, 5-6), Daniel Humair(Ds on 1-3, 6), J. F. Jenny-Clark(B on 1-3, 6), Bill Summers(Per), Patrick Gleeson(Synth on 1-5), David Freesen(B on 5), Jack DeJohnette(Ds on 4-5) - 1. Black Narcissus 2. Hindsight And Forethought 3. Power To The People 4. Amoba 5. Good Morning Heartache 6. The Other Side Of Right

全6曲中、5曲目を除きジョーヘンダーソン作曲、1-3、6曲目が’74年録音で4-5曲目は’75年録音。内容的には「スピリチュアル・ジャズ」だそうで、’70年代のひとつの方向性を示しています。そんな雰囲気を如実に伝えるタイトル曲の1曲目、さらにフリーにのめりこんだような形で爆発していくアップテンポの4ビートの場面もある2曲目、モーダルかつラテン的なノリの良さもあってアフリカンな香りをプンプンさせながら突っ走る12分台の3曲目、シンセ・ベース(?)を使ってエレクトリック・ファンクで勝負する4曲目、唯一のスタンダードのバラードで、サウンド的に他の曲と統一感を持たせつつしっとりと歌い上げる5曲目、アップテンポの4ビートでもっともジャズっぽく進行する6曲目。ジャック・ディジョネットは4-5曲目に参加。(08年9月24日発売)

« Live At Belleville/Arild Andersen | トップページ | ガソリン価格の推移(ハイオク) »

ジャズ」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36193/42899693

この記事へのトラックバック一覧です: ブラック・ナルシサス/ジョー・ヘンダーソン:

« Live At Belleville/Arild Andersen | トップページ | ガソリン価格の推移(ハイオク) »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Amazon検索

HMV検索

  • HMV検索
    検索する
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

メールアドレス

友人が運営しているサイト