私の運営するホームページ

掲示板

Twitter

無料ブログはココログ

« Robert Schumann/The Violin Sonatas/Carolin Widmann/Denes Varjon | トップページ | Electric Side/Bireli Lagrene »

2008/10/14

75~ラスト・バースデイ・ライヴ!/ジョー・ザビヌル

Joe75th
ジョー・ザヴィヌルの遺作で、亡くなる2ヶ月前のライヴとのことですが、恐ろしくサウンドは元気で、しかも独自路線を突っ走りながらココまで来てしまったというサウンドも魅力的。自分もこういう75歳になりたいなあ、と思いつつサウンドのスゴさに面食らってしまったのでした。反面、ウェイン・ショーターとのデュオでの「イン・ア・サイレント・ウェイ」では静かで美しい世界が14分も続きます。今回はジャズの範疇に入れてますけど、ファンク色がかなり強いです。でも、これをフュージョンとは言わないだろうなあ(あえてハードコア・フュージョンに入れることは可能かも)、と思いつつ。素晴らしいアルバムを残してくれました。


75~ラスト・バースデイ・ライヴ!/ジョー・ザビヌル(Key、Vocoder)(Victor)
75th/Joe Zawinul(Key, Vocoder) & The Zawinul Syndicate(Victor) - Recorded July 7 and August 2, 2007. Sabine Kabongo(Vo, Per), Akegre Correa(G, Vo, Berinbau), Linley Mathe(B), Paco Sery(Ds, Kalimba, Vo), Jorge Bezerra(Per, Vo), Aziz Sahmaoui(Per, Vo), Wayne Shorter(Ss on "In A Silent Way") - 1. Introduction To Orient Express 2. Orient Express 3. Madagascar 4. Scarlet Woman 5. Zansa 2 6. Cafe Andalusia 7. Fast City/Two Lines 8. Clario 9. Badia/Boogie Woogie Waltz 10. Happy Birthday 11. In A Silent Way 12. Hymn

75歳のバースデイ・ライヴで、亡くなる2ヶ月前の録音とのこと。独自なアフリカンの要素も含むザヴィヌル・シンジケート路線を突っ走っていくこのライヴでも衰えを感じさせず、むしろ若々しい音楽でパワーを見せつけています。2曲を除き、ジョー・ザヴィヌル作曲ないしは共作。再演曲がほとんどなので、親しみもわくし、サウンドの変貌も興味深いです。参加しているどのメンバーもスゴい腕前で、これでもかとエスニックな要素も加えて押しまくっていく独特なファンクに圧倒されます。そのハイパワーなサウンドをバックにエスニックなヴォーカルが流れていくと、またスゴい相乗効果があらわれて、ノリまくりの世界になります。ラストからの2曲目「イン・ア・サイレント・ウェイ」にウェイン・ショーターとの共演。デュオで価値あり。(9月24日発売)

« Robert Schumann/The Violin Sonatas/Carolin Widmann/Denes Varjon | トップページ | Electric Side/Bireli Lagrene »

ジャズ」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

こちらからもTBさせていただきました。

今年のベスト10のフュージョン部門の第一位は今のところ本作に決定です。
ザヴィヌル・シンジケートとしての最高傑作を、最後の最後になって聴くことができました。

>naryさん

TBどうもありがとうございます。

私の場合年末にベスト3なのですが、自分もこのアルバム、もしかしたらそこに入るかどうかかもしれません。

こういう風に、いい歳をとりたいものですね。普通の人がこんなに元気すぎると迷惑なのかもしれませんが(笑)。

910さん、こんにちは、わたしがlastとして購入したのは海外発売のこのアルバムです。
残念なことに "In A Silent Way"がないことは当時のこの曲大好き人間としてはざんねんです。
変わりに当日の演奏曲で段々と盛り上がっていく部分も収録されていて、それは同じコンサートとしてとても満足です。
別の日のコンサートが "In A Silent Way"だったらと思いますが、満足しています。
TBさせていただきます。

>monakaさん

どうもTBありがとうございます。

今までVictorの国内盤というと、輸入盤の方がCD2枚組で、国内盤が数曲削られて1枚で発売、ということが多かったのですが、今回は国内盤の方が曲が多いんですね。

でも、"In A Silent Way"はアルバム中、ちょっと異色な面もあり、この曲を気に入ってはいますけれど、なくてもライヴの流れのスゴさは堪能できるような気がしています。

素晴らしいアルバムですね。

TBありがとうございます。

相変わらずのクオリティで、絶好調な演奏を聴かせてくれました。
これからも、新譜は必ずチェック必須のミュージシャンです。

と書きたいくらいに、良い演奏でした。

この2ヶ月後に他界したなんて全然信じられません。

逆TBさせていただきます。

>oza。さん

TBどうもありがとうございます。

そうですね。これからも追いかけていきたいのですが、ご本人が亡くなられたのは残念です。これから未発掘音源とか、どんどん出てくれるといいんですが。

ザヴィヌルなら、けっこうありそうですね。ご冥福をお祈りしつつ、期待してます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36193/42778362

この記事へのトラックバック一覧です: 75~ラスト・バースデイ・ライヴ!/ジョー・ザビヌル:

» 去年の夏  悲しみの Last Summer / Joe Zawinul [JAZZ最中]
昨年2007年の夏がまだ続いている9月11日に敬愛するミュージシャン,ジョー・ザヴィヌルが亡くなりました。アレから1年近くが立ちました。中古屋さんでフッとザヴィヌルのところを見るとこのアルバムがありました。 良く見ると7th July 2007とあります。遺作は『 Brown Street 』だと思っていましたから驚きました。『 Brown Street 』が2005年の録音ですし、なくなる2ヶ月前の録音ですので、どのような素性のアルバムかわかりませんのが、拾わないで別れることは出来ません。 T... [続きを読む]

» Joe Zawinul 75: Last Birthday Live! [JAZZとAUDIOが出会うと...]
Joe Zawinulの75歳の誕生日ライブが秘やかにリリース告知がされていまして、国内盤だけでの告知だったのでそのうち安い米盤の告知がされるだろうと購入(予約)を躊躇していたのですが(海外版告知されるも価格的に余り魅力ないし...)。 発売日が近づくとworld tour(http://www.hmv.co.jp/product/detail/1216225)の頃からのzawinulのアルバムはとんでもなく良いということで刷り込まれていた身としては、いてもたってもいら..... [続きを読む]

« Robert Schumann/The Violin Sonatas/Carolin Widmann/Denes Varjon | トップページ | Electric Side/Bireli Lagrene »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Amazon検索

HMV検索

  • HMV検索
    検索する
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

メールアドレス

友人が運営しているサイト