私の運営するホームページ

掲示板

Twitter

無料ブログはココログ

« 75~ラスト・バースデイ・ライヴ!/ジョー・ザビヌル | トップページ | Ludwig Van Beethoven/The Piano Sonatas Vol.7/Andras Schiff »

2008/10/15

Electric Side/Bireli Lagrene

Bireliele
実はビレリ・ラグレーンのアルバムはほとんど追いかけてなくて、今回買った理由というのも、ベースにアドリアン・フェロー(この人、新人ベーシストの中ではものすごく好きです)が参加していたからなんですね。サウンドは文句なくハードコア・フュージョン寄りのサウンドで、全体から聴いても個々の楽器を聴いても、けっこう満足しました。曲調はさまざまで、ハードコア・フュージョン的なもの、4ビート的、サンバ的いろいろな曲があって、曲ごとの紹介の方が良かったかもしれません。でも、一気に曲の変化もアルバムとして通して聴けてしまう感じで、やっぱりこのアルバムも発散系かな、などと思ったりして。


Electric Side/Bireli Lagrene(G)(Dreyfus Jazz)(輸入盤) - Recorded January 9-12, 2008. Hadrien Feraud(B), Franck Wolf(Ss, Ts), Andy Narell(Steelpans), Damien Schmitt(Ds), DJ Afro Cut-Nanga "Yassine Daulne"(DJ, Turntables, Samples, FX), Michael Lecoq(Key) - 1. Hips 2. Incertitude 3. Thimothee 4. Jack Rabbit 5. Clair Obscur 6. Foreign Affairs 7. Josef 8. Berga 9. Hips House

(08/10/14)2、4曲目以外はビレリ・ラグレーンの作曲ないしは共作。タイトルどおり、エレクトリック・ファンクのアルバム。ベースのアドリアン・フェローが時々バカテクを聴かせてくれます。時々あるベースソロはスゴいです。DJやターンテーブルの参加もありますが基本的には人力ビートだし、ハードコア・ファンクの分類で聴けるサウンド。時にフュージョンっぽい分かりやすいテーマの曲も。ビレリ・ラグレーンの意外な一面なのかもしれませんが、今の人間ならやりたいように演奏するのが当たり前なので、特にそれを気にすることなく。トータルサウンドで迫ってくるところもあったりしますが、ギターも聴かせどころは少なくないです。曲の音楽性もいろいろ。4曲目はハービー・ハンコック作のスピーディーな小品。7曲目は4ビート風。

« 75~ラスト・バースデイ・ライヴ!/ジョー・ザビヌル | トップページ | Ludwig Van Beethoven/The Piano Sonatas Vol.7/Andras Schiff »

フュージョン・ファンク」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

こちらからもTBさせていただきました。

本作はアドリアン・フェロー買いしたとしても、けっして期待を裏切しませんよね。
個人的にはガンガンくる曲がもう2~3曲あってもよかったような気がするのですが、これはこれで十分楽しめました。
ただラグレーンのフュージョン作品としては、ドミニク・ディ・ピアッツァ、デニス・チェンバースとやっている「Front Page」もあるだけに、ついつい比較してしまいます。

>naryさん

TBどうもありがとうございます。

ビレリ・ラグレーンには「Front Page」というフュージョン作品があるのですか。これもメンバーからいくとそそられますね(笑)。

このアルバムも変化に富んでいて良かったと思うので、時間があったらそちらも聴いてみたいと思います。何たってデニス・チェンバース入りですからね。

Bireli Lagreneと言うと、初期のFUSION作品が好きなのですが、この盤も近いものがあって、個人的には◎でした。
Hadrien Feraudもいい仕事してますよね(^^)

TBありがとうございます。
逆TBさせていただきます。

>oza。さん

TBどうもありがとうございます。

彼の初期の頃もフュージョンアルバムがあるとは気がつきませんでした。このアルバムはもう、アドリアン・フェロー買いだったもので(笑)。

これまた何度も聴きそうなアルバムで良かったです。

工藤さん,こんばんは。

私もこのアルバムをアップしましたので,TBさせて頂きます。

Bireliには悪いですが,やはりポイントはHadrian Feraudですよね。

>中年音楽狂さん

TBどうもありがとうございます。

私はビレリ・ラグレーンは追いかけてなかったので、本文に書いたとおり、アドリアン・フェロー追っかけで買いました。

ベーシストが違うと、たぶん印象がだいぶ違うのではないかな、と思います。何たって、今は彼のベースを聴けて満足、というマイブームでもあります(笑)。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36193/42788787

この記事へのトラックバック一覧です: Electric Side/Bireli Lagrene:

» Bireli Lagrene Electric Side [JAZZとAUDIOが出会うと...]
Bireli Lagreneと言うと、ジプシープロジェクトと言うほどに、ここ最近はオールドスタイルの 演奏に終始していたわけですが、元々はjaco pastoriusと共演していたほどに、ノリノリの演奏をしていた方なのでありました。 元々々は、ジャンゴの再来と言われた神童ではありましたが.. ここ7〜8年ジプシーな活動を続けていたので、そろそろ違う演奏も聴いてみたいと薄々感じていたら、強力なFUSION作品のリリース情報を得まして、即効買いを決めた次第であります。 メンツは以下の..... [続きを読む]

» Bireli Lagreneのフュージョン作:1曲目の軽さに戸惑う [中年音楽狂日記:Toshiya's Music Bar]
゛Electric Side゛ Bileri Lagrene(Dreyfus) [続きを読む]

« 75~ラスト・バースデイ・ライヴ!/ジョー・ザビヌル | トップページ | Ludwig Van Beethoven/The Piano Sonatas Vol.7/Andras Schiff »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Amazon検索

HMV検索

  • HMV検索
    検索する
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

メールアドレス

友人が運営しているサイト