私の運営するホームページ

掲示板

Twitter

無料ブログはココログ

« Eating Mantis/ok|ok | トップページ | 地上波デジタルのアンテナ取り付け »

2008/09/13

サンダー/S.M.V.

Smv
ベース3人でのアルバムって、音的なぶつかり合いの面で難しいところがあるので、なかなかありそうでないアルバムです。アルバムのサウンドを聴くと、マーカス・ミラーのプロデュースで成功したような感じですね。ジャム的な部分や自由なソロの部分もあるけれど、大部分は構築された曲やアンサンブルに乗っかって、曲ごとに変化に富んだサウンドを聴かせてくれます。ベースで印象深く聴かせるとなると、やはりこうした工夫は必要なのかもですね。その分爆発力は少ないのかもしれませんが。それぞれのベーシストの個性も強く出ていて、アマチュア・エレキ・ベーシストだった私にはけっこう興奮をもたらすアルバムとなりました。


サンダー/S.M.V.(Victor)
Thunder/S.M.V.(Victor) - Released 2008. Stanley Clarke(B), Marcus Miller(B, Key, Bcl, Sax), Victor Wooten(B), Poogie Bell(Ds on 5-6), Patches Stewart(Tp on 1, 6), Steve Baxter(Tb on 1, 6), Chick Corea(P on 4), Jeorge Duke(Synth on 3, 6), Ruslan Sirota(Key on 1), Karlton Tayler(Key on 9), Ariel Mann(Synth on 1), Ronald Bruner Jr(Ds on 1, 10, 13), Derico Watson(Ds on 3-4), J.D. Blair(Ds on 9), Kevin Ricard(Per on 4-5, 7), Butterscotch(Vo, Beat Box, Tp on 2, 9, 11) - 1. Maestros De Las Frecuencias Bajas 2. Thunder 3. Hillbillies On A Quiet Afternoon 4. Mongoose Walk 5. Los Tres Hermanos 6. Lopsy Lu - Silly Putty 7. Milano 8. Classical Thump 9. Tutu 10. Lil' Victa 11. Pendulum 12. "Lemme Try Your Bass 13. Grits

夢のような3人のエレクトリック・ベーシストの共演(時にアコースティック・ベースも)。曲は、各メンバーの作曲ないしは共作。プロデューサーがマーカスミラーなので、彼のカラーが出たサウンドで、良く練られた曲でのアンサンブル重視かつスリリングな演奏でsy。8、12曲目は3人中2人の参加。エレキ・ベースもそれぞれ聴き分けられる個性の持ち主だし、演奏も楽しめます。ただ、ベースの共演だと、低音どうしがぶつかると不愉快な音が出るので、ボトム、ミドル、比較的高い音域でのソロとパートを分け合って演奏をしていることが多いです。でも、楽器を知り尽くしている人たちは制約をものともせず演奏してます。それでもこのメンバーなので、迫力とベースならではの心地良さは伝わってきます。8曲目のようにジャム的な曲も。(08年8月20日発売)

« Eating Mantis/ok|ok | トップページ | 地上波デジタルのアンテナ取り付け »

フュージョン・ファンク」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

910さん、こんにちはmonakaです。
私はスタンリー・クラークのファンで彼のアルコを凄くかっています。
エレベのほうは独特の節回を聴くと、冷静さがなくなってただ喜んできいています。
TBさせていただきました。

>monsks(monaka)さん

TBどうもありがとうございます。

私は3人の中だとマーカス・ミラーかなあ。あの聴いてスカッとするチョッパーの音がいいですね。

さすがこの3人、いいアンサンブルかつ、ソロもいい具合になっていますね。今来日しているライヴは爆発しているだろうなあ。

私も、Marcusですかねぇ(^^;;

一般的には丁々発止を期待すると思うのですが、アンサンブルの妙を聴き逃しちゃいけないですね。

TBありがとうございます。逆TBさせていただきます。

>oza。さん

TBどうもありがとうございます。

ベースは低音域がぶつかるととても変なので、それが3人だとけっこうやり合いが難しいと思います。でも楽器の特性まで知り尽くしている3人なので、スリリングな展開のところも割とあったですよね。

ただ、やっぱりパート分けと事前に譜面(コード譜かな)なり打ち合わせなりをした部分も大きいのではないかな、とも思います。

工藤さん,当方ブログへのコメント,TBありがとうございました。出張中につきお返事が遅くなってしまいました。最近は音楽の記事も全然書けていませんが,出張ももうすぐ終わりですので,帰国後にはまた書きたいと思います。

私としては本作にはやや辛口な評価をしているわけですが,ブログのお知り合いの皆さんが結構購入されているのを見ると,微笑ましい気持ちになってしまいます。やっぱり買わずにいられないんですよねぇ。

ということで,こちらからもTBさせて頂きました。

>中年音楽狂さん

TBどうもありがとうございます。

このアルバムを買ったり、ライヴにいったりする人って、自分のまわりにはけっこう多いような気がします。それだけ話題になっているんですね(笑)。たぶん、まだこれから記事を書く人や、TBし忘れた人もいるだろうと思うので、メーカーサイドもそういうセールスの面では、目的を達しているかもしれません。

それにしても、ライヴ観たかったです。

こちらからもTBさせていただきました。

70年代にはスタン・クラークを毎日のように狂って聴いたいたこともあり、本作における「Quiet Afternoon」「Lopsy Lu~Silly Putty」は涙ものだったです。
あとRTFを彷彿させるような1曲目のオープニング的な曲も滅茶苦茶カッコよかったですね。

>naryさん

TBどうもありがとうございます。

私はどちらかと言うと、マーカスミラー(マイルス・デイヴィス)の「Tutu」世代かなあ。どの曲もベース3人(曲によって2人)参加で料理してしまっているところは、さすが、という感じですよね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36193/42460341

この記事へのトラックバック一覧です: サンダー/S.M.V.:

» オヤジがオヤジに惚れる THUNDER / s.m.v [JAZZ最中]
ご馳走してくれた息子2は昨夜から秋田へ行くといって家の車を乗っていきました。休みに入ったオヤジは朝からCDの整理をおわらせて、時々するオヤジの楽しみに行きました。 渋谷の幾つかのショップを回ってその後、生ビールを一杯、チェーサー代わりに、紹興酒も1ポット、五目焼きそばを頂きながら今日の戦利品のCD見ているとなんとも自分勝手な良い気分です。 (昼真からこんなことしている人はすくないので手がぶれました。) 今日仕入れたアルバムは5枚、中古にとてもいいのがありましたが、それは又いつか紹介で、昨日... [続きを読む]

» S.M.V Thunder [JAZZとAUDIOが出会うと...]
Stanley ClarkeとMarcus MillerにVictor Wootenと、有名なベーシストの名前が3人も連なって、さらにタイトルが雷ですからねぇ ちょっと、不安はあったのですが、買わざるを得ないでしょう.. メンツは、上記3人にChick Corea、George Dukeがスペシャルゲスト。基本的に、曲毎にいろいろなので、他の参加者は割愛です。 演奏曲は、以下の通りの、3人のオリジナルが数曲づつ持ち寄られているんでしょう。 1 SMV ..... [続きを読む]

» S.M.V.:丁丁発止という感じではない [中年音楽狂日記:Toshiya's Music Bar]
Thunder Stanley Clarke/marcus Miller/Vic [続きを読む]

» S.M.V./Thunder [Jazz&Drummer]
Stanley Clarke(El-B,Ac-B)、Marcus Miller(El-B,B-Cl,Ts,Syn,Prog)、Victor Wooten(El-B) Ruslan Sirota(Key)1、Karlton Taylor(Key)9、George Duke(Clavinet,Mini-Moog solo)3,6、Chick Corea(P)4,Patches Stewart(Tp)1,6、Steve Baxter(Tb)1,6 Butterscotch(Vocals, Beat Bo... [続きを読む]

« Eating Mantis/ok|ok | トップページ | 地上波デジタルのアンテナ取り付け »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Amazon検索

HMV検索

  • HMV検索
    検索する
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

メールアドレス

友人が運営しているサイト