私の運営するホームページ

掲示板

Twitter

無料ブログはココログ

« ホームページの仕事日記の終了 | トップページ | グレースフル・ヴィジョン/アキコ・グレース »

2008/08/02

You And The Night And The Music/ロバート・ラカトシュ・トリオ

Robertyouand
最近澤野工房の新譜も1ヶ月以上遅れて聴いているので、もっと早く聴きたいなあと思うのですが(7月のティチアン・ヨーストももう手元にあります)、最近いろいろバタバタとしつつお休みもとっているため、ペースがなかなか上がっていきません(笑)。澤野工房のアルバムでも、ただ甘いだけ、というものもなくはありませんけど、このロバート・ラカトシュのアルバムは気に入りました。自分の感覚だと54分で12曲では1曲あたりの時間が短いかなあと思うのですが、このアルバムに関しては、1曲の構成が引き締まっていて、むしろこのぐらいの長さの方がいい感じです。


You And The Night And The Music/ロバート・ラカトシュ(P)・トリオ(澤野工房)
You And The Night And The Music/Robert Lakatos(P) Trio(Atelier Sawano AS077) - Recorded July 9 and 10, 2007. Thomas Stabenow(B), Klaus Weiss(Ds) - 1. I Should Care 2. Fragile 3. Scandia Skies 4. Moose The Mooche 5. Lament 6. Sepia 7. The Blessing 8. Gloaming 9. Whisper Not 10. Back Home Blues 11. Lotus Blossom 12. You And The Night And The Music

ベースとドラムスを替えてのレーベル3作目。ロバート・ラカトシュの作曲は6、8曲目のみで、やはりスタンダードやジャズメン・オリジナルが中心。2曲目のスティングの曲は哀愁が強く、心にしみこんできます。相変わらずメロディの強度があるピアノです。東欧的な民族性は直接は感じないけれども、やや繊細ながら女性的ではなく、あまり線が細くはないです。非常にクリアーなピアノなので、いい感じに響いてきます。それでいてチャーリー・パーカーやオーネット・コールマンの曲も取り上げていて、そのことがほんの少し硬派に振れていて、いいバランスで飽きのこない進行になっているのがうれしいところ。6曲目もオリジナルとは思えないぐらいメロディアスで落ち着いていて、8曲目もヨーロッパ的な大きさを感じるバラードです。(08年6月27日発売)

« ホームページの仕事日記の終了 | トップページ | グレースフル・ヴィジョン/アキコ・グレース »

ジャズ」カテゴリの記事

澤野工房」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36193/42037747

この記事へのトラックバック一覧です: You And The Night And The Music/ロバート・ラカトシュ・トリオ:

« ホームページの仕事日記の終了 | トップページ | グレースフル・ヴィジョン/アキコ・グレース »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Amazon検索

HMV検索

  • HMV検索
    検索する
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

メールアドレス

友人が運営しているサイト