私の運営するホームページ

掲示板

Twitter

無料ブログはココログ

« グレースフル・ヴィジョン/アキコ・グレース | トップページ | Giya Kancheli/Little Lmber »

2008/08/03

偉大な漫画家、赤塚不二夫氏亡くなる

漫画家、赤塚不二夫氏の訃報のニュースが飛び込んできました。

小さい頃なので、順番ははっきり覚えてないけれど、ものごころついたときには、「おそ松くん」「モーレツア太郎」「天才バカボン」「ひみつのアッコちゃん」などをテレビで観て、マンガを読み、マネしてマンガを描いていたものでした。小学校の時、赤塚キャラの人間で図画の時間に絵を描いて、怒られたこともありましたよ。自分にとっては赤塚氏が原点でした。

その後、手塚治虫、藤子不二雄、永井豪など、学生時代のマンガ人生が続きます。フォークソングとか、音楽に目覚めたのは中学生からでしたが。

落書きのようなものが続いて、鉛筆でノートにコマ割りをして描いたりしてましたけど、そこまで。漠然とマンガ家になりたいなあと思っても、中学ぐらいから本格的にペンで描いても、1作続かないんですよね。漫画家や小説家になりたい人の大部分のパターンは、「じゃあ、これからひとつ描いて(書いて)みるか」で。実際になっている人は、小さい頃から、ずっと作品を描いて(書いて)いて、実力をつけているんですよね。

社会人になって、サラリーマンを27歳で辞めて、「今の仕事の資格試験を受ける」、と公言した時、実は無職のまま3ヶ月ぐらいマンガを描き続けていたんですよ。でも、時すでに遅し。歳がいきすぎていて、しかも才能もなし。持ち込みした編集の人からは「もっとまっとうな仕事につきなさいよ」でした。

この頃の描いていた絵柄は、赤塚氏の影響は感じられませんけど、原点はやっぱり赤塚氏だったと思います。ある意味幼い頃の強烈なマンガの印象だったのでジャズメンよりも影響は大きかったかもしれません。赤塚氏のご冥福をお祈りします。

« グレースフル・ヴィジョン/アキコ・グレース | トップページ | Giya Kancheli/Little Lmber »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36193/45524254

この記事へのトラックバック一覧です: 偉大な漫画家、赤塚不二夫氏亡くなる:

« グレースフル・ヴィジョン/アキコ・グレース | トップページ | Giya Kancheli/Little Lmber »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Amazon検索

HMV検索

  • HMV検索
    検索する
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

メールアドレス

友人が運営しているサイト