私の運営するホームページ

掲示板

Twitter

無料ブログはココログ

« セラフィック・ライト~マイケル・ブレッカーに捧ぐ/サキソフォン・サミット2 | トップページ | ホームページの仕事日記の終了 »

2008/07/31

ヒア・アイ・アム/アマンダ・ブレッカー

Amandahere
過去にBlue Noteレーベルからノラ・ジョーンズのファーストアルバムが出て、それを聴いた時に、やはりジャズ色がほとんどなくてポップス色やカントリー色が色濃く出ていたのを思い出しました。そのアルバムは、Blue Noteレーベルでは、結局歴代のアルバムでは一番の売れ行きをみせたそうですね。ですので、今回のアマンダ・ブレッカーのようなアルバムも出てもおかしくないと思います。ポップスのアルバムとしては割と気に入りました。でも、スウィング・ジャーナルのゴールドディスクにするなんて、それはないんじゃないの、と思います。ジャズのアルバムとして素晴らしかったものに与える賞ではなかったのかなあ、と。気のせいかもしれませんが。


ヒア・アイ・アム/アマンダ・ブレッカー(Vo)(Birds Records)
Here I Am/Amanda Brecker(Vo)(Birds Records) - Recorded March 2-8, 2008. Randy Brecker(Tp on 2, 7), Andy Snitzer(Sax on 1, 4, 8), Eliane Elias(P on 2, 12), Ross Traut(G), Mike Ricchiuti(P, Key), Zev Jatz(B), Ray Marchica(Ds), David Matthews(Arr) - 1. Sunrise 2. Novo Lugar 3. Wasted Time 4. Your Body Is A Wonderland 5. I Can't Make You Love Me 6. Here I Am 7. Is It Possible 8. If THis Is It 9. Talk To Me 10. Thinking Of You 11. Up! 12. Lovetalk

アマンダ・ブレッカーの作曲は5曲(2-3、6-7、10曲目)、デヴィッド・マシューズ作曲が12曲目。他にはノラ・ジョーンズ、ジョー・メイヤー、ケリ・ノーブル、シャナイア・トゥエインの曲や、ボニー・レイットやヒューイ・ルイス&ザ・ニュースの歌唱曲が占めます。上質なポップスで、ポップスだと思えばけっこういいアルバムなのですが、いわゆるジャズ色もフュージョン色もほとんどと言っていいほどないので、なぜこのアルバムがスウィング・ジャーナルのゴールド・ディスクになったのかは疑問。過去Blue Noteレーベルで大ヒットしたノラ・ジョーンズのアルバムの向こうを行こうとしたのか。オリジナルはけっこう意欲的な作品で、他のヒット曲などに混ざっても、あまり区別がつきません。2曲目ではランディとイリアーヌの共演が聴けます。(08年7月23日発売)

« セラフィック・ライト~マイケル・ブレッカーに捧ぐ/サキソフォン・サミット2 | トップページ | ホームページの仕事日記の終了 »

ロック・ポップス」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36193/42020725

この記事へのトラックバック一覧です: ヒア・アイ・アム/アマンダ・ブレッカー:

« セラフィック・ライト~マイケル・ブレッカーに捧ぐ/サキソフォン・サミット2 | トップページ | ホームページの仕事日記の終了 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Amazon検索

HMV検索

  • HMV検索
    検索する
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

メールアドレス

友人が運営しているサイト